三井・三菱は男爵止まりも 渋沢栄一だけがワンランク上の子爵になれたワケ【青天を衝け 序説】

“日本資本主義の父”で、新1万円札の顔としても注目される渋沢栄一が活躍するNHK大河ドラマ「青天を衝け」。そんな同作をより楽しめる豆知識を、フリーランスライターの小川裕夫さんが紹介します。

/wp-content/uploads/2021/02/210203_shibusawa_04.jpg
渋沢が長らく院長を務めた東京養育院をルーツに持つ、板橋区栄町の東京都健康長寿医療センター(画像:(C)Google)
/wp-content/uploads/2021/02/210203_shibusawa_05.jpg
渋沢が長らく院長を務めた東京養育院をルーツに持つ、板橋区栄町の東京都健康長寿医療センター(画像:(C)Google)
/wp-content/uploads/2021/02/210203_shibusawa_06.jpg
渋沢が長らく院長を務めた東京養育院をルーツに持つ、板橋区栄町の東京都健康長寿医療センター(画像:(C)Google)
/wp-content/uploads/2021/02/210203_shibusawa_07.jpg
渋沢が長らく院長を務めた東京養育院をルーツに持つ、板橋区栄町の東京都健康長寿医療センター(画像:(C)Google)
/wp-content/uploads/2021/02/210203_shibusawa_01.jpg
渋沢栄一(画像:深谷市、日本経済新聞社)
/wp-content/uploads/2021/02/210203_shibusawa_02.jpg
板橋区栄町にある東京都健康長寿医療センター内の渋沢栄一像(画像:小川裕夫)
/wp-content/uploads/2021/02/210203_shibusawa_03.jpg
2021年のNHK大河ドラマ『青天を衝け』のウェブサイト(画像:NHK)

この画像の記事を読む

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画
×