【東京出身タレント名鑑】元祖「港区女子」 81歳デヴィ夫人(港区)が今、20代女性の支持を独占しているワケ

多くの俳優やアーティスト、タレントたちを輩出してきた街・東京。そんな東京出身の有名人にスポットを当てて、その人柄や魅力に迫ります。今回紹介するのは、81歳でありながら若い女性の圧倒的な支持を集めるデヴィ夫人です。


日本一ゴージャスな街・港区の出身

 ゴージャスな衣装を華麗に着こなし、きらびやかなアクセサリーにも負けないオーラを放つ、デヴィ夫人。

 バラエティー番組をはじめ、さまざまなメディアに出演していますが、どのような人物であるか知らないという人も実は多いのではないでしょうか。

国際文化人としても知られるデヴィ夫人。2020年9月には「三崎優太 若者のみらい応援基金 助成先決定記者発表会」に登壇(画像:インデビジョン)

 ただならぬ雰囲気をまとったデヴィ夫人の本名は、ラトナ・サリ・デヴィ・スカルノ。旧名は根本七保子(なおこ)さんという日本人です。1940(昭和15)年、港区霞町(現在の西麻布)で生まれました。

 幼少期は太平洋戦争を生き抜き、定時制高校へ通いながら15歳にして家族を支えるため仕事に精を出していたデヴィ夫人。

 そして19歳という若さで、インドネシアのスカルノ大統領に見初められ結婚。幸せの絶頂の中、なんと最愛の母と弟を亡くしてしまうという、激動の人生を歩んでいます。

 そんなデヴィ夫人の言葉は、今や若い女性にも大きな影響力を与え、2019年に出版した書籍『選ばれる女におなりなさい デヴィ夫人の婚活論』は11万部超を売り上げるなど、大ヒットを飛ばしています。

 1940年2月6日生まれのデヴィ夫人は前述の通り港区出身。同区は東京都のほぼ南東部に位置し、面積はおよそ20.37平方キロメートル。人口は約25万8000人(2021年6月1日時点)。

区の木はハナミズキ、花はバラとアジサイ


【画像ギャラリー】絶世の美女 若かりし日のデヴィ夫人

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/07/210703_dewi_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210703_dewi_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210703_dewi_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210703_dewi_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210703_dewi_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210703_dewi_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210703_dewi_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画