タピオカの二の舞? マリトッツォのブームが年内にも終了しそうなワケ【連載】これからの「思考力」の話をしよう(6)

歴史の風雪に耐えた基礎的な理論・フレームワーク(思考の枠組み)を紹介し、現在でも色あせないその魅力について学んでいく連載シリーズの第6回。今回紹介する理論・フレームワークは、「製品ライフサイクルとイノベーター理論」です。


オジさんがマリトッツォを食す

 先日、東京都内でカフェに入り、初めてマリトッツォを食べました。

マリトッツォ(画像:写真AC)

 56歳男性の私(日沖健、日沖コンサルティング事務所代表)は、普段おしゃれなカフェに入ることはほとんどなく、まして女性客のなかでスイーツを食べることはありません。しかし、ケースに並んだマリトッツォの鮮やかなビジュアルを見て興味が湧き、思わず注文しました。

 生クリームがさっぱりした甘さで、トッピングのレモンも良いアクセント。「これ食べたら夕飯を食べられなくなるかなぁ」と少し心配でしたが、生地のパンも軽い食感で、問題なくおいしく食べることができました。なかなかよくできたスイーツです。

 帰宅して早速、マリトッツォを食べたことを少し自慢げに家族に報告しました。すると、20歳前後の娘ふたりは「えっ、今ごろ?」、50代の家内は「何なのよ、それ?」という反応でした。

 マリトッツォはイタリア・ローマ地方の伝統的なスイーツ・パンで、カプチーノとともに朝食で食べることもあるそうです。日本では2014年頃に上陸し、2020年暮れからブームに火がつき、今ではコンビニエンスストアでも売られるようになっています。

 ここで経営コンサルタントの私は職業病で、

「マリトッツォのブームは登山で言うと何合目だろうか?」
「タピオカミルクティーを上回る大ブームになるのだろうか?」

と考えました。

「製品ライフサイクル」でブームを分析


【ランキング】2021年上半期に「よく食べたもの」 フルーツサンド、高級食パン、1位は……?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/08/210803_maritozzo_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210803_maritozzo_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210803_maritozzo_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210803_maritozzo_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210803_maritozzo_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210803_maritozzo_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210803_maritozzo_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画