アカウントいくつ持ってる? ツイッター利用実態調査、「使い分け」の詳細明らかに

2019年7月1日

ライフ
ULM編集部

スマートフォンユーザー向けアプリ紹介サービス「Appliv」の調査によると、Twitter利用者は若年層ほど、アカウントを「使い分け」する人が多い様子。最も多かったのは「15個」所持している人だといいます。


アカウント所有数「2個以上」は4割強 「15個」使い分ける人も

 ナイル(品川区東五反田)が運営する、スマートフォンユーザー向けアプリ紹介サービス「Appliv(アプリヴ)」は、2019年6月5日から6月11日までの期間、10代から60代の男女1328人を対象に「Twitter」の利用実態に関するアンケート調査を実施しました。

 その結果、全体の6割以上である、61.1%がTwitterアカウントを所有している事が判明。年代別の割合を見てみると、15歳~19歳では85.1%、40代でも過半数の55.7%がアカウントを持っています。

15歳~19歳では85.1%がアカウントを所有していた(画像:写真AC)

 さらに、その「所有数」を質問したところ、「1個」が58.0%で最多だったものの、2個以上所持している人は42%と、けして少なくない結果に。

 40~60代では、「1個」と回答した人が7割以上を占め、複数アカウントの所有率が極めて少ない一方で、10代では、7割近くが2個以上のアカウントを持っていることもわかりました。年代によって大きな隔たりがあることが伺えます。

 なお、アカウント数が「6個以上」と回答した人はわずか1%で、年代は10代と20代のみ。具体的な所有数を聴取したところ、最多所有数は「15個」だったといいます。

複数アカ所持者 メインアカを「知人や友人との交流に使用」が最多


【円グラフ】アカウントの所有数はいくつ?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/06/190625_nai_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190625_nai_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190625_nai_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190625_nai_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190625_nai_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190625_nai_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190625_nai_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190625_nai_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190625_nai_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190625_nai_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190625_nai_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Ranking

ランキング

  • Weekly
  • Monthly