もう一度だけ行きたい―― 重苦しい90年代を支えた大人の遊び場「ナムコ・ワンダーエッグ」の思い出

1992年から2000年、二子玉川駅の近くにあった「ナムコ・ワンダーエッグ」をご存じでしょうか。バブル経済が崩壊し、重苦しいニュースも相次いだ90年代、時代の空気に抗うように希望に満ちあふれたその場所を、フリーライターの真砂町金助さんが思い出とともに振り返ります。

/wp-content/uploads/2021/02/210202_wonderegg_0x.jpg
世田谷区の資料「世田谷の土地利用2016」より、コラム「二子玉川駅周辺の変遷」(画像:世田谷区)
/wp-content/uploads/2021/02/210202_wonderegg_01.jpg
世田谷区の資料「世田谷の土地利用2016」より、1985年に閉園した「二子玉川園」。この跡地に1992年、ナムコ・ワンダーエッグが誕生する(画像:世田谷区)
/wp-content/uploads/2021/02/210202_wonderegg_02.jpg
現在ある複合施設、二子玉川ライズも、開業からすでに10年がたつ(画像:(C)Google)

この画像の記事を読む

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画