もう一度だけ行きたい―― 重苦しい90年代を支えた大人の遊び場「ナムコ・ワンダーエッグ」の思い出

1992年から2000年、二子玉川駅の近くにあった「ナムコ・ワンダーエッグ」をご存じでしょうか。バブル経済が崩壊し、重苦しいニュースも相次いだ90年代、時代の空気に抗うように希望に満ちあふれたその場所を、フリーライターの真砂町金助さんが思い出とともに振り返ります。


移りゆく二子玉川駅前の風景

 東京の「住みたい街」上位にいつもランクインする世田谷・二子玉川。最近は多摩川を挟んだ溝の口(川崎市)あたりまでの東急田園都市線沿線の開発も進み、多くの人で賑わう街になっています。

 そんな二子玉川の街にそびえるのが、タワーマンションと商業施設からなる二子玉川ライズ(同区玉川)。この建設以前の2000(平成12)年頃は駅の周りが工事中ばかりで暗くて寂しかったのも、はるか昔の記憶になっています。

満を持して登場したテーマパーク

 二子玉川ライズのある二子玉川駅の東側では、かつてあった遊園地・二子玉川園が1985(昭和60)年に閉園して以降、再開発の計画が具体化します。しかし再開発案がまとまった時期にバブル景気が崩壊。これによって、当初の計画は延期になってしまいます。

世田谷区の資料「世田谷の土地利用2016」より、1985年に閉園した「二子玉川園」。この跡地に1992年、ナムコ・ワンダーエッグが誕生する(画像:世田谷区)

 そうして空いてしまっていた二子玉川園跡地には敷地を有効活用するために、二子玉川タイムスパークが開設されます。

 ヤマハの中古ボートやヤナセの展示場、サントリー・モルツ・クラブやステーキの但馬屋(たじまや)などが入る複合施設に“期間限定”をうたって1992(平成4)年2月、鳴り物入りで新たな施設が登場します。そう、「ナムコ・ワンダーエッグ」です。

バブル崩壊後のムードに抗うように


【画像】「ワンエグ」以前の二子玉川とは

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/02/210202_wonderegg_0x-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/210202_wonderegg_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/210202_wonderegg_02-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画