『鬼滅の刃』も大ヒット 社会が暗いと「大正時代がはやる」は本当か

映画版も興行収入100億円を突破し、現在話題となっている『鬼滅の刃』。その時代設定は大正時代です。ルポライターの昼間たかしさんは「暗い時代になると大正時代がはやる」と言います。いったいなぜでしょうか。

/wp-content/uploads/2020/11/201114_kimetsu_05.jpg
男女計600人を対象に行われた2020年の流行語に関するアンケート調査(画像:NEXER)
/wp-content/uploads/2020/11/201114_kimetsu_01.jpg
TVアニメ『鬼滅の刃』(画像:(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable、エクシング)
/wp-content/uploads/2020/11/201114_kimetsu_02.jpg
テレビアニメ『鬼滅の刃』の主題歌「紅蓮華」(画像:SACRA MUSIC)
/wp-content/uploads/2020/11/201114_kimetsu_03.jpg
大正時代の女学生の恋を描いた漫画『はいからさんが通る』(画像:講談社)
/wp-content/uploads/2020/11/201114_kimetsu_04.jpg
昭和30年代をテーマにした映画『ALWAYS 三丁目の夕日』(画像:バップ)

この画像の記事を読む

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画
×