ボルヴィック販売終了で考える 日本人にとって「ミネラルウオーター」はいつから当たり前の存在になったのか

日本でもすっかり定番のミネラルウオーター「ボルヴィック」が販売終了というニュースは、大きな衝撃をもって受け止められました。そもそも日本人は、いつからミネラルウオーターを購入するようになったのでしょうか。ルポライターの昼間たかしさんがその歴史をたどります。

/wp-content/uploads/2020/07/200714_water_05.jpg
2020年4月に実施し、1万143件の回答を得た「フレーバーウオーターに関するインターネット調査」の結果(画像:マイボイスコム)
/wp-content/uploads/2020/07/200714_water_06.jpg
2020年4月に実施し、1万143件の回答を得た「フレーバーウオーターに関するインターネット調査」の結果(画像:マイボイスコム)
/wp-content/uploads/2020/07/200714_water_01.jpg
年内での販売終了が発表されたボルヴィック(画像:キリンビバレッジ)
/wp-content/uploads/2020/07/200714_water_02.jpg
当時、日本人は考えた。水道水は本当に安全なのか? と(画像:写真AC)
/wp-content/uploads/2020/07/200714_water_03.jpg
1970年発行当時、話題をさらったイザヤ・ベンダサン著『日本人とユダヤ人』(画像:山本書店)
/wp-content/uploads/2020/07/200714_water_04.jpg
ハウス食品時代の「六甲のおいしい水」(左)と、アサヒ飲料の「アサヒ おいしい水 六甲」(画像:ハウス食品、アサヒ飲料)

この画像の記事を読む

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画
×