とんこつラーメンスープからAIキャラまで いま、鉄道駅の「自動販売機」が面白い!

鉄道駅の自動販売機が進化しています。扱う商品がユニークだったり、最新技術を使っていたりなど、さまざま。通りがかったとき、少し覗いてみませんか?


「一風」変わった自動販売機

 鉄道駅のホームに、必ずといっていいほど置かれている自動販売機(以下、自販機)。通勤時は足早に歩いているため、あまり注視しない人も多いのではないでしょうか。

 そんな駅の自販機ですが、実は少し変わった商品や最新技術があります。もしかしたら、あなたの通勤に変化を与えてくれるかもしれません。

 駅にある自販機といえば、「acure(アキュア)」を思い浮かべる人も多いでしょうか。acureはJR東日本エリアの駅を中心に展開しているブランドのため、東京住まいの人には身近な存在です。

 大手飲料メーカーの人気商品だけでなく、オリジナルの飲料をも扱っています。そのなかには思わず「んっ!?」と足を止めてしまうようなユニークな商品も多くあります。

 なかでも近年力を入れているのがスープ飲料です。acureでは

・気仙沼産ふかひれ使用ふかひれスープ
・旨辛麻婆スープ大豆そぼろ

など、一般的なスープ飲料とは一味違った商品を次々と送り出しています。

コクとうま味の一風堂とんこつラーメンスープ。有名店監修のまろやかな味(画像:シユウ)

 そして2021年10月からは、「コクとうま味の一風堂とんこつラーメンスープ」の販売を開始しました。こちらは人気のラーメン店「一風堂」監修のもと、同店のとんこつスープを飲料用にアレンジしたもの。

 筆者が実際に飲んでみたところ、とんこつのうま味がきちんとありながらもマイルドで飲みやすく、飲んだあとの〆にピッタリな味わいでした。このような珍しいラインアップに挑戦しているのが、acureの魅力です。

普及していくハイテク自販機


【画像】炭酸飲料を「ほとんど毎日」飲む人の割合

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/11/211120_jihan_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211120_jihan_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211120_jihan_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211120_jihan_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211120_jihan_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211120_jihan_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画