わずか49歳で逝った近代化の立役者――五代友厚を語らずして「渋沢栄一」を語ってはいけない【青天を衝け 序説】

“日本資本主義の父”で、新1万円札の顔としても注目される渋沢栄一が活躍するNHK大河ドラマ「青天を衝け」。そんな同作をより楽しめる豆知識を、フリーランスライターの小川裕夫さんが紹介します。


2作で五代役を演じるディーン・フジオカ

 渋沢栄一を主人公とするNHK大河ドラマ「青天を衝け」は、埼玉県を舞台とする血洗島・青春編を終え、5月9日放送回から一橋家臣編が始まりました。

 一橋家臣編では、冒頭にディーン・フジオカさんが演じる五代友厚が登場。ディーン・フジオカさんは2015年のNHK連続テレビ小説「あさが来た」でも五代役を演じて人気を博しました。奇しくも、ディーンさんは朝ドラと大河ドラマのどちらでも五代役を演じることになったわけです。

 朝ドラでは、五代没後にファンが気力を失う“五代ロス”という現象まで発生。それだけに、「青天を衝け」でディーンさんが改めて演じる五代に注目が集まります。

薩摩藩から重用された五代

 渋沢は埼玉県の富農として生まれ、後に15代将軍に就位する一橋慶喜に仕えます。一方、五代は薩摩藩が抱える儒学者の家に生まれました。父は薩摩藩主・島津斉彬(なりあきら)からの信任が厚く、ゆえに五代友厚も薩摩藩から重用されました。

 薩摩藩主・島津斉彬は開明派だったこともあり、西洋の技術を次々と取り入れて製鉄・造船・兵器・ガス・電気といった新しい産業を導入しています。それだけに、藩士たちへの教育にも理解があり、五代は長崎への遊学を命じられました。

2021年のNHK大河ドラマ『青天を衝け』のウェブサイト(画像:NHK)

 当時の長崎は諸外国とも窓口だったこともあり、異国の文化や技術を学ぶには最適な地でした。そこで、五代は新しい文化・技術に触れます。その後も、五代は藩命でたびたび中国・上海に渡航し、海外の製品を買い集めていたようです。

 五代は長らく長崎で海外との窓口役を務めましたが、1863(文久3)年に薩摩藩はイギリスと一戦を交えることになります。いわゆる薩英戦争ですが、世界の覇権国家たるイギリスに敵うはずもなく、薩摩藩は敗北。

 イギリスからは許されましたが、幕府は外国と勝手に戦争したことを許さず、五代は追われる身となります。五代は武蔵国へと逃亡し、熊谷に潜伏します。

 薩摩藩士の五代が、なぜ遠く離れた武蔵国の熊谷を潜伏先に選んだのかは明らかになっていませんが、潜伏地の熊谷と渋沢の出生地である深谷は距離的に近いこともあり、「青天を衝け」では渋沢と五代がすれ違うシーンが伏線として描かれました。

渋沢と遜色ない五代の実績


【事前にチェック】大河ドラマ館がオープンした「北区・飛鳥山」

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/05/210515_godai_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210515_godai_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210515_godai_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210515_godai_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210515_godai_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210515_godai_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210515_godai_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210515_godai_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210515_godai_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210515_godai_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210515_godai_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210515_godai_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210515_godai_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210515_godai_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画