夜のバスも題材に 若者たちがいま「エモい短歌」にハマる理由

現在の短歌ブームの背景にあるもの。それはいったい何でしょう。コピーライターのカシハラヒデコさんが解説します。


口語を使った作品が人気

 五七五七七の5句31音からなる短歌は現在、文系サブカルの「定番趣味」といえるほど定着しています。例えば、2021年末の今野書店(杉並区西荻北)のベストセラー(12月12日付)では

・1位『あなたのための短歌集』木下龍也
・2位『開局70周年記念 TBSラジオ公式読本』武田砂鉄
・3位『郭公の巣』中村典子
・4位『同志少女よ、敵を撃て』逢坂冬馬
・5位『言葉を失ったあとで』信田さよ子

と、短歌集が1位に。また、ジュンク堂書店池袋本店(豊島区南池袋)の文芸文庫担当(11月29日付)では

・1位『同志少女よ、敵を撃て』逢坂冬馬
・2位『おおあんごう』加賀翔
・3位『あなたのための短歌集』木下龍也
・4位『山下智久写真集 CIRCLE』
・5位『100万回死んだねこ 覚え違いタイトル集』

と、3位にランクインしています。

 短歌は数年前からブームの兆しを見せていましたが、大ブレークは2021年から。ジュンク堂の文芸担当者はその理由について、

「書き手の年齢が下がっているのと、高尚なイメージがなくなってきたから」

と指摘します。

 学校で習った昔ながらの短歌ではなく、現在の主流は話し言葉をそのまま使った「現代短歌」。前出の『あなたのための短歌集』からいくつか挙げると、

「ふりむけば君しかいない夜のバスだから私はここで降りるね」
「もがくほどしずむかなしい海だから力を抜いて浮かんでいてね」

などが、いまどきなのです。

夜のバスのイメージ(画像:写真AC)




 さらに短文形式の短歌とツイッターの相性はとてもよく、「岡野大嗣(だいじ)さんや木下龍也さんなどの人気歌人はバズりやすい」(同担当者)のもブームをけん引する要素だといいます。

 たしかに、ツイッターで短歌に触れる人たちが急速に増えているのを実感します。数年前には、イラスト付き短歌がバズりました。

短歌は「イントロのない文学」


この記事の画像をもっと見る(3枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2022/01/220215_tanka_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/220215_tanka_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/220215_tanka_03-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画