危険がいっぱい!女性の東京暮らし、お役立ち護身防犯グッズとその誤解を解く

2018年11月9日

ライフ
ULM編集部

女性の強い味方である護身防犯グッズ。そのトレンドを秋葉原にある専門店に聞きました。

/wp-content/uploads/2018/11/181024_guard_01-1024x683.jpg
2017年度の東京23区内における刑法犯の検挙件数(画像:警視庁の統計をもとにULM編集部で作成)
/wp-content/uploads/2018/11/181024_guard_02.jpg
「ボディーガード アキバ店」の外観。お店は2階(2018年10月10日、國吉真樹撮影)
/wp-content/uploads/2018/11/181024_guard_03.jpg
/wp-content/uploads/2018/11/181024_guard_04.jpg
「ボディーガード アキバ店」の店内の様子(2018年10月10日、國吉真樹撮影)
/wp-content/uploads/2018/11/181024_guard_05.jpg
店内は写真撮影、SNS投稿ともに自由(2018年10月10日、國吉真樹撮影)
/wp-content/uploads/2018/11/181024_guard_06.jpg
地方の大学を卒業後に上京した杉本さん。もともと護身防犯グッズに興味があったという(2018年10月10日、國吉真樹撮影)
/wp-content/uploads/2018/11/181024_guard_07.jpg
笑顔を見せる女性スタッフ。同店の心づかいが垣間見える(2018年10月10日、國吉真樹撮影)
/wp-content/uploads/2018/11/181024_guard_08.jpg
「ボディーガード アキバ店」で販売されている催涙スプレー。右が「ホワイトウルフ トルネード20」、「ホワイトウルフ リップスティック型」(2018年10月10日、國吉真樹撮影)
/wp-content/uploads/2018/11/181024_guard_09.jpg
ストラップ型のミニスプレーも。子どもが携帯するのにピッタリとのこと(2018年10月10日、國吉真樹撮影)
/wp-content/uploads/2018/11/181024_guard_10.jpg
取材当日は売り切れていた「握ると鳴る! 防犯アラーム」(2018年10月10日、國吉真樹撮影)
/wp-content/uploads/2018/11/181024_guard_11.png
「握ると鳴る! 防犯アラーム」のイメージ(画像:ボディーガード アキバ店)
/wp-content/uploads/2018/11/181024_guard_12.jpg
「防滴型防犯ブザー」と「ガーディアン エンジェル 防犯ブザー」(2018年10月10日、國吉真樹撮影)
/wp-content/uploads/2018/11/181024_guard_13.jpg
店内のスタンガンコーナー。銃型の商品もある(2018年10月10日、國吉真樹撮影)
/wp-content/uploads/2018/11/181024_guard_14.jpg
放電中の「タイタン スタンマスター」。あおり運転対策に買う人も増えているという(2018年10月10日、國吉真樹撮影)
/wp-content/uploads/2018/11/181024_guard_15.jpg
放電中の「158」。女性にも扱いやすい小型タイプ(2018年10月10日、國吉真樹撮影)
/wp-content/uploads/2018/11/181024_guard_16.jpg
簡単に持ち歩けるコンパクトな特殊警棒。思いきり振ると、漫画「ドラゴンボール」の如意棒のように伸びる(2018年10月10日、國吉真樹撮影)
/wp-content/uploads/2018/11/181024_guard_17.jpg
海外の警察が使用するという「スラッパー」。合皮ケースの先端内部には金属製のおもりが入っている(2018年10月10日、國吉真樹撮影)
/wp-content/uploads/2018/11/181024_guard_18.jpg
辞書や空き缶に見えるが、実は貴重品やコレクションをそのなかに保管できる「セーフティボックス」(2018年10月10日、國吉真樹撮影)

この画像の記事を読む

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画
×