戦後大きく変わった公営住宅の「間取り」 住環境の改善に寄与した「51C型」を知っていますか

東京都は戦後、住宅不足・住環境の向上に取り組みました。そんななかで考案されたのが「51C型」と呼ばれる公営住宅の標準設計です。フリーランスライターの小川裕夫さんが解説します。


「家」という生活空間

 新型コロナウイルスの感染拡大で、政府は4月25日(日)から緊急事態宣言を発令。当初に5月末までとしてきた期間は、6月20日(日)まで延長されました。

 ワクチン接種が進んでいるとはいえ、いまだ多くの人が接種を受けられていない状況です。コロナの感染拡大を抑制するためにも、緊急事態宣言によって少しでも感染拡大を抑えようとすることは仕方がない措置と言えます。

 緊急事態宣言によって外出の自粛が叫ばれるなか、個人の創意工夫によってステイホームの過ごし方も少しずつ変化が生じています。

 リモートワークの普及などにより、家にいる時間は以前よりも確実に長くなっています。また、仕事と生活空間を明確に分けるため、家の一室を仕事場として使用している人もいることでしょう。しかし、どんな個人が努力をしても簡単には「間取り」を変えることはできません。

 コロナ以降、広い家を求めて郊外へと転居をする人たちも目立ちます。広い家なら仕事部屋を別に用意できますが、家族や勤務先・通勤のことを考えると引っ越しは容易ではありません。それだけに、「家」という生活空間は生きるうえでかなり重要なウエートを占めています。

 実際、「家は一生の買い物」と言われるように、人生において何回も経験するようライフイベントではありません。

住宅問題から生まれた標準設計

 かつて、住宅は私たち個人の問題ではなく行政が解決しなければならない課題でもありました。東京では大正から昭和にかけて、住宅問題は重要な行政課題になりました。

公営住宅の標準設計「51C型」(画像:九州大学)

 戦後も東京都をはじめとする行政が、引き続き住宅不足・住環境の向上といった課題に取り組みました。そうした住宅問題のなかで考案されたのが、「51C型」と呼ばれる公営住宅の標準設計です。

画期的だった「食寝分離」


【事前にチェック】公営住宅の「間取り」の変遷

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2022/06/210608_danchi_0005-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/06/210608_danchi_006-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/06/210608_danchi_007-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/06/210608_danchi_008-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/06/210608_danchi_009-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/06/210608_danchi_010-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/06/210608_danchi_011-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210608_danchi_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/06/210608_danchi_0002-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/06/210608_danchi_0003-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/06/210608_danchi_0004-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画