話題の「薪サウナ+鉄板サ飯」!わいわい楽しいサウナランド浅草の魅力とは

  • おでかけ
話題の「薪サウナ+鉄板サ飯」!わいわい楽しいサウナランド浅草の魅力とは

\ この記事を書いた人 /

逆瀬川勇造(不動産ライター)のプロフィール画像

逆瀬川勇造(不動産ライター)

空前のサウナブームの中、「SAUNALAND ASAKUSA(サウナランド浅草)」が2022年7月にグランドオープン。本記事では、極上のサウナ体験と宿泊ができる施設の詳細を不動産ライターの逆瀬川勇造さんがご紹介します。

 「2021ユーキャン新語・流行語大賞」においてサウナ用語である「ととのう」がノミネートされるなど、空前のサウナブームが訪れている日本。

 「サウナ・水風呂・休憩」の繰り返しによって得られる「ととのう」感覚は何とも言えないものがあり、サウナにハマったという方も多いのではないでしょうか。

 そんな空前のサウナブームの中、極上のサウナ体験ができる施設「サウナランド浅草」が2022年7月にグランドオープンしました。

 そこで、本記事では、「サウナランド浅草」についてご紹介していきます。

 ぜひとも最後まで読んでいただき、極上のサウナ体験をしてみてはいかがでしょうか。

パブリックサウナ(画像:株式会社7garden プレスリリースより)



サウナランド浅草とは

2022年7月1日にグランドオープンした「サウナランド浅草」。一体どのような施設なのでしょうか。

ここでは、サウナランドのこだわりについて以下の通りをご紹介しますので、それぞれ見ていきましょう。

・都心ではめずらしい薪サウナを導入

・こだわりの水風呂外気浴スペース

・サウナ後はラウンジでゆったりと

都心ではめずらしい薪サウナを導入

サウナランド浅草では、都心ではめずらしい薪サウナを導入しています。

最も古く、伝統的な形式である薪サウナ。

現在の日本では、スイッチ一つで電源をオンオフでき、管理がしやすい電気式サウナが主に普及しています。

 一方、薪サウナは、焚き火の持つリラックス効果や電気サウナとは違った柔らかな熱が感じられるとして非常に人気となっています。サウナ愛好家の中には、「薪サウナ以外はサウナとは認めない!」というような方もいるほどです。

 サウナランド浅草では、そんなサウナ愛好家でも満足できるよう本場フィンランドから直輸入したmondex社の薪ストーブを使用しています。

 さらに、薪ストーブの不安定性を補うため、電気ストーブも併用したハイブリッド式となっており、いつでも高クオリティで安定したサウナを堪能できそうです。

薪ストーブ(画像:株式会社7garden プレスリリースより)

こだわりの水風呂&外気浴スペース

サウナランド浅草では、水風呂や外気浴スペースもこだわりが詰まったサウナ空間となっています。

サウナ後の醍醐味ともいえる水風呂は、チラーによって15℃前後の水温に調整され、浴槽内に設置された水中照明が清涼感を演出。

外気浴スペースには、ブルフラットで無重力体験ができるリクライニングチェアが設置され、最高の外気浴が味わえます。

また、外気浴スペースからは薪ストーブの炎が見えます。炎のゆらめきを眺めながらのディープリラックスタイムは、より一層のととのい体験を提供してくれるでしょう。

サウナ後はラウンジでゆったりと

サウナを思い切り楽しんだ後は、2階のラウンジでゆったりと過ごせるのもサウナランド浅草のこだわりといえるでしょう。

ラグジュアリーで少し暗めの内装は、サウナ後のリラックス空間としてピッタリ。

ラウンジの目玉であるダイニングキッチンコーナーには、大きな鉄板が設置されており、自分たちでサ飯を作って楽しめます。

サウナ後のコミュニケーションの場として贅沢な時間が過ごせるのもポイントでしょう。

サウナランド浅草の全容をご紹介

サウナランド浅草のこだわりをご紹介しました。

サウナランド浅草は、こだわりのサウナ&ラウンジだけではありません。

ここでは、サウナランド浅草の全容をご紹介しますので、見ていきましょう。
・サウナ&ラウンジ
・サウナ付きホテル

ホテル客室(画像:株式会社7garden プレスリリースより)

サウナ&ラウンジ

サウナランド浅草では、1階には薪サウナ、2階にはラウンジスペースとなっています。

こだわりの薪サウナで思い切りととのった後は、2階のラウンジスペースでゆったりとくつろげます。

心身ともに整った後は作業スペースで仕事をしたり、Yogiboに寝転んで昼寝をしたり、時間いっぱい自由に過ごせるのも魅力といえるでしょう。

2階ラウンジの中央には、鉄板付きのダイニングキッチンが完備されています。飲食物の持ち込みも可能なため、自分たちでサ飯を作って楽しんだり、デリバリーを頼んだりするのもおすすめです。

 また、事前予約を行えばサウナランド浅草のオリジナル料理「もんじゃランド」も注文可能です。

 自分の好きな具材を好きなように組み合わせてオリジナルもんじゃ焼きを楽しんでみてはいかがでしょう。

2F もんじゃを作れる鉄板付きキッチン(画像:株式会社7garden プレスリリースより)

サウナ付きホテル

サウナランド浅草の3階4階部分は、プライベートサウナ付きのホテルになっており、誰にも邪魔されない贅沢なサウナ空間を堪能できます。

客室数は全部で2部屋。

1フロアに1部屋ずつという広々とした造りで、最大6名まで宿泊可能な3階フロアと最大2名まで宿泊可能な4階フロアに分かれています。

 客室内のサウナは、tyre社製のストーブを使用した本格的なフィンランド式サウナで、もちろんロウリュも可能。

 客室設計もこだわりが詰まっており、サウナから水風呂、外気浴までの導線もばっちりです。チラーで温度調整されたキンキンに冷えた水風呂から、外界からの視線がしっかりと遮られた外気浴スペースへの導線も整備され、極上のととのい空間に仕上がっています。

チェックインからチェックアウトまでサウナに入り放題、ととのい放題のぜいたくな時間が過ごせるでしょう。

サウナランド浅草の基本情報

 サウナランドの全容をご紹介しました。

 では、サウナランド浅草の基本情報や料金プランについて確認しておきましょう。

料金プラン

サウナランド浅草で最高のサウナ体験を

 本記事では、2022年7月にグランドオープンしたサウナランド浅草についてご紹介しました。

サウナランド入口(画像:株式会社7garden プレスリリースより)

 今、日本では、空前のサウナブームが到来中です。

 東京・浅草のど真ん中に新オープンしたサウナランド浅草では、こだわりの詰まった最高のサウナ体験ができる施設となっています。

 是非とも本記事を参考にして、サウナランド浅草のこだわりのサウナで思い切り「ととのう」体験をしてみてはいかがでしょう。

関連記事