ボルダリングから雪遊びまで! 進化する都内「子ども向け室内遊戯施設」、その最新動向に迫る

 子どもの遊び場施設を意味する「キッズプレイグラウンド」が近年、注目されています。いったいなぜでしょうか。文殊リサーチワークス・リサーチャー&プランナーの中村圭さんが解説します。


キッズプレイグラウンドとは何か?

 近年、商業デベロッパー(商業施設の開発を専門に行う組織)がこの「キッズプレイグラウンド」に着目しています。

 キッズプレイグラウンドとは、子どもの遊び場施設のことです。屋外の子ども向けアスレチック施設やボルダリング・トランポリンなどの屋内アスレチック施設をプレイグラウンドと呼ぶこともありますが、ここでは比較的年齢が低い幼児が遊べる屋内型施設を対象とします。

屋内アスレチック施設で遊ぶ子どものイメージ(画像:写真AC)

 キッズプレイグラウンドそのものは新業態ではなく、郊外のショッピングセンターなどに従来から導入されていました。一般的に、ボールプールやエア遊具などから構成されます。

子育て支援の社会的機運高まりが追い風に

 そのようなキッズプレイグラウンドへの注目の背景には、未就学児の子連れファミリーマーケットの存在があります。2000年代に入るまで、わが国は子育て支援の社会的インフラ整備が進まず、乳幼児を連れての外出を控える傾向にありました。

 必然的に、若者や働く女性などさまざまなマーケットが存在する都市部において、子連れファミリーを対象にしたレジャー施設開発の優先度は高くありませんでした。しかし、少子化対策で子育て支援の社会的機運が高まり、状況は変化しています。

加速するファミリー市場(画像:写真AC)

 2006(平成18)年に日本に初導入された子ども向け職業体験テーマパーク「キッザニア東京」(江東区豊洲)はキッズプレイグラウンドではありませんが、商業デベロッパーに強いインパクトを与えました。

 当時は新業態開発の方向性が見定まらない時期でしたが、キッザニアは子連れファミリーを対象にする集客施設開発の可能性を示唆しました。低迷する既存マーケットに対し、子連れファミリーマーケット・3世代マーケットが重視すべき集客ターゲットとして立ち上がっていきます。

レジャー施設として開発される大型施設も


【写真】大人でも行ってみたい! 最新のキッズプレイグラウンドの様子を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/09/190912_kids_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190912_kids_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190912_kids_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190912_kids_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190912_kids_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190912_kids_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190912_kids_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190912_kids_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190912_kids_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190912_kids_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190912_kids_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190912_kids_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190912_kids_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190912_kids_07-150x150.jpg

New Article

新着記事