メガネ通販サイト大手「オーマイグラス」が実店舗に舵を切る理由

2019年2月7日

ライフ
ULM編集部

日本最大級のメガネ通販サイトを運営するオーマイグラスが実店舗の出店を加速させています。いったいなぜでしょうか。


取り扱いは13ブランド・約450種類

 メガネ通販サイト「Oh My Glasses Online Store(オーマイグラス・オンラインストア)」や直営店「Oh My Glasses TOKYO(オーマイグラス東京)」を運営するオーマイグラス(港区芝)が2019年2月1日(金)、新宿駅東口徒歩2分の場所に、都内初の路面店「オーマイグラス東京 新宿東口店」(新宿区新宿3丁目)をオープンしました。

「オーマイグラス東京 新宿東口店」の内観(画像:オーマイグラス)

 41平方メートルの店内に約13ブランド・450種類が並ぶ同店。商品の平均価格が2万5000円~3万円だった既存店と比べ、3万5000円~4万円のハイグレードな商品を取りそろえています。

 取り扱いブランドは、同社プライベートブランド「Oh My Glasses TOKYO」「TYPE(タイプ)」「PAGE(ペイジ)」のほか、メガネの産地・福井県鯖江市製の「丹羽雅彦」「オニメガネ」「DUN」、世界的ブランド「TOM FORD(トムフォード)」「OAKLEY(オークリー)」「Yohji Yamamoto(ヨウジヤマモト)」などです。

「メガネ職人を招いたイベントや展示会、製品リリースイベントなど、既存店で行っていなかったことに挑戦していきたいです」(同社広報担当者)。

 なお、同店のオープンにともない、1月27日(日)をもって、新宿ミロードモザイク通り店は営業を終了しています。

「オムニチャネル」に注力

 オーマイグラスはこれを機に、通販サイトと実店舗の垣根を意識せずに消費行動をうながす「オムニチャネル」に注力しつつ、主要エリアに直営店を増やすことで、ブランドの認知拡大を図っていく方針です。

「オーマイグラス東京 新宿東口店」の外観。ブランドロゴも一新した(画像:オーマイグラス)

「通販サイトで見つけた商品を実店舗で試着できたり、実店舗で見つけた商品を通販サイトで買いやすくする環境を整えたりすることで、既存客のほか、インバウンド消費のさらなる増加を見込んでいます」(同)。

 同店は大宮東口店(埼玉県さいたま市)に次ぐ路面店で、直営店としては11店舗目となります。

●オーマイグラス東京 新宿東口店
・住所:東京都新宿区新宿3丁目26-3 コンワセンタービル2F
・アクセス:丸ノ内線・副都心線・新宿線「新宿三丁目」駅 A5出口から徒歩3分、JR「新宿」駅 中央東口から徒歩2分
・営業時間:11:00~20:00
・取り扱いアイテム:メガネ、サングラス

※掲載情報は2019年2月時点での情報です。


この記事の画像をまとめてみる

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/02/190204_glass_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/02/190204_glass_02-150x150.jpg

New Article

新着記事