「スガちゃんまんじゅう」も大きな話題に――国会議事堂のお土産の歴史とは

新内閣が誕生するたびに注目を浴びる関連商品。その歴史について、フリーライターの本間めい子さんが解説します。


次々と発売される関連商品

 新型コロナウイルス感染拡大で、その対応に注目が集まる菅義偉内閣。こうしたなか同様の注目を集めているのが、国会議事堂(千代田区永田町)のお土産などとして販売されている関連商品です。

「誕生!!スガちゃんまんじゅう」(画像:大藤)

 2020年9月の菅内閣成立にあたっては実に7年9か月ぶりの政権交代ということもあり、数々の商品が売り出されました。

 山志製陶所(岐阜県土岐市)では、初代首相伊藤博文からの歴代総理大臣を描いた湯飲み「歴代首相漫像湯呑」に加えて、元号発表の際に「令和」墨書を掲げた菅首相の絵柄の湯飲みを発売。首相就任前から1万個の注文が入る人気商品となりました。

 また、キョウゼン(墨田区横川)では、菅首相の顔入りミニハンカチを発売。国会以外でも、菅首相の地元・秋田県湯沢市の湯沢グランドホテルでは、菅首相をココアパウダーで表現したパンケーキの提供を始めました(『時事通信』2020年9月19日配信)。

 こうした関連商品のなかで、とりわけ話題になったのが大藤(荒川区西日暮里)のお菓子です。

 主にお土産用の菓子を製造してきた同社は2001(平成13)年、「ガンバレ純ちゃんの好景気まんじゅう」を発売。続いて2006年に発売した「誕生! 晋ちゃんまんじゅう」は発売前から注文が殺到し、55万個を売り上げる大ヒット商品になりました。

 その後も「太郎ちゃんの牛乳カステラ」「よみがえれ! 自民闘まんじゅう」などを発売するなど、ときの政治家にあやかった菓子は同社の定番商品となっています。

2度目の緊急事態宣言以降、売り上げは急落


【画像】菅首相「関連グッズ」の数々

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/05/210511_suga_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210511_suga_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210511_suga_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210511_suga_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210511_suga_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210511_suga_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210511_suga_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画