東京の地下を走る「地下鉄」と「普通の鉄道」 両者の違いはいったい何なのか?

東京では地下鉄ではない「普通の鉄道」も地下を走り、多くの人が利用しています。両者の違いは一体何なのでしょうか。フリーライターの小林拓矢さんが解説します。


「地下鉄」と「普通の鉄道」の違い

 東京の地下には、多くの「地下鉄」が走っています。東京メトロと東京都交通局が運営し、東京メトロは9路線、東京都交通局の都営地下鉄は4路線あります。

 しかし東京では「普通の鉄道」も地下を走り、駅があり多くの人が利用していることは案外意識されていません。これらの鉄道と「地下鉄」には違いがあり、区別されているのです。では、どのように違うのでしょうか?

鍵は「貫通扉の有無」「トンネルの大きさ」

 地下鉄車両の前面を見たことのある人は多いでしょう。最近ではホームドアが普及して見にくくなっていますが、前面に扉がついています。この扉は、2編成つなげたときに乗客を移動できるようにするためのものではありません。

貫通扉のある地下鉄(画像:写真AC)

 では、なぜこの扉は存在するのでしょうか。それは、車両に何かあったために前や後ろから乗客が避難するためです。またなぜ、地下鉄の車両にはそんな扉があるのでしょうか。答えはトンネルが狭いからです。

 一方、普通の鉄道で地下を走っている車両には、貫通扉がありません。車両横のドアから降りて人が逃げるためのスペースがあるからです。

 実際にそういう路線は都心部にあります。JR東日本の京葉線東京~潮見間と、総武快速線・横須賀線の錦糸町~品川間です。これらの路線では、広いトンネルを貫通路のない車両が普通に走っています。

 では、実際に乗ってみましょう。

地下駅としての東京駅


【画像】江東区・越中島駅の「奇妙な階段」を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/11/211126_chika_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211126_chika_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211126_chika_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211126_chika_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211126_chika_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211126_chika_04-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画