身近過ぎて知らなかった! 東京のそば屋が「ラーメン」を出しているワケ

東京のそば屋には、ラーメンを提供する店が少なくありません。いったいなぜでしょうか。著書『お好み焼きの戦前史』においてそば屋のラーメンの歴史を、『牛丼の戦前史』においてそば屋の丼物の歴史を明らかにした食文化史研究家の近代食文化研究会さんが解説します。


東京の住宅街のそば屋にはラーメンがある

 東京の古くからの住宅街には、必ずといっていいほどそば屋があります。そして、そのような老舗そば屋のなかには、ラーメンを提供する店が少なからずあります。

そば屋のラーメン(画像:近代食文化研究会)

 明治時代末に東京に移住した作家、平山蘆江(ろこう)の回想録『東京おぼえ帳』によると、東京のそば屋にラーメンが普及したのは大正時代末期のことでした。なぜそば屋は、大正時代にラーメンを出すようになったのでしょうか?

 実は、住宅街のそば屋が天丼などの丼物を出すようになったのも大正時代。大正時代のそば屋は、そばと酒の店から、ラーメンや丼物など多彩な食事を提供する「街の食堂」へと変化していったのです。

明治時代のそば屋は「飯屋」にあらず

 戦前の東京では、

「銭湯の近くには、必ずそば屋がある」

といわれていました。銭湯で湯に浸り、ついでにそば屋で酒を一杯、そばをちょっと食べるというのが、住宅街のそば屋の典型的な使い方でした。

 正式な夕食は銭湯に行く前か後に家庭で食べるものだったので、そば屋は本格的な食事をとる場所ではなかったのです。

古い銭湯のイメージ(画像:写真AC)

 奥田優曇華(うどんげ)著『食行脚(しょくあんぎゃ)』によると、新宿のそば屋が大正時代に初めて丼物を出した際には、「飯屋になったと軽蔑する」同業者が多かったそうです。そば屋はそばだけで勝負するものだ、というプライドもあったようなのです。

 そんなそば屋がメニューを増やし、食堂的な店へと変化した背景には、明治時代末から急激に増加した東京の人口がありました。

食事難民の増加


【画像】そばよりラーメンが人気! 新宿1丁目「更科」を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2022/01/220107_soba_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/220107_soba_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/220107_soba_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/220107_soba_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/220107_soba_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/220107_soba_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/220107_soba_05-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画