昭和ノスタルジーの一歩先へ! 昔ながらの中華そばがパワーアップした都内「ネオクラシックラーメン」5選

近年、昔ながらのシンプルな中華そばを発展させたネオクラシックラーメンが人気です。今回は都内の五つの人気店を紹介します。


中華そばをベースとしたラーメンがブーム

 近年、さまざまな変わり種のラーメンが注目されますが、結局のところ、シンプルな醤油ラーメンが一番好きという人は少なくないでしょう。そんななか、ネオクラシックラーメンと呼ばれる、懐かしさと新しさが両立したラーメンが流行しつつあるのをご存じでしょうか。

 ネオクラシックラーメンを提供するお店はここ数年にできた新しい店舗が多く、清潔感があり、若い人や女性でも入りやすいつくりになっています。「中華そばのお店 = 建物が古くて客は男性ばかり」といったこともありません。

 今回は、そんなネオクラシックラーメンを提供する都内のお店を五つ紹介します。

1.新宿区「えっちゃんラーメン。」

 東洋一の歓楽街・歌舞伎町に店舗を構える「えっちゃんラーメン。」(新宿区歌舞伎町)。看板は赤を基調とした昔ながらの中華そば屋らしいデザインですが、新しく清潔感があり、入りやすい雰囲気です。

薄切りチャーシューが何枚も入っている中華そば(画像:樫山綾乃)

 最もオーソドックスな中華そばのトッピングは、太めのネギとメンマ、チャーシュー。チャーシューは薄切りで小さめで何枚も入っており、柔らかく食べやすいです。

 スープは透明感のある淡麗醤油ですが、食べてみると油も塩味もしっかりめ。ついご飯を入れて、スープまで飲み干してしまいたくなるようなジャンキーな味です。きれいめながらもボリュームがあり、満足度の高い一杯です。

 営業は朝5時までで、朝までお酒を飲んだ後のシメにもぴったり。また、カウンター席だけでなく個室風のテーブル席もあるので、ゆったりと座りたいときにも利用できます。なお新型コロナウイルスの感染症対策のため、営業時間が変更となっていることがあります。

2.目黒区「えもと」


【店舗&地図】今回紹介する「五つの店舗」

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/08/210803_neo_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210803_neo_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210803_neo_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210803_neo_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210803_neo_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210803_neo_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210803_neo_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210803_neo_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210803_neo_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210803_neo_15-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210803_neo_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210803_neo_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210803_neo_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210803_neo_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210803_neo_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画