創業20年の人気ラーメン店が打ち破った「男性客8割」の業界スタンダード 最大の原動力は「謙虚さ」だった【連載】ラーメンは読み物。(5)

雨後のタケノコのごとく生まれ、そして消えてゆく都内のラーメン店。そんな激しい競争を勝ち抜いた名店を支える知られざる「エネルギー」「人間力」をフードライターの小野員裕さんが描きます。


門前仲町に2001年10月オープン

 門前仲町駅の北側、葛西橋通り沿いに行列の絶えないラーメン屋「こうかいぼう」(江東区深川)があります。2001(平成13)年10月オープンから今年でちょうど20年。かいわい随一の人気店として、ラーメンファンに愛されています。

 お店を営むのはご主人の田口宏之さん・三奈さんご夫婦。ふたりは同じ大学で知り合い後輩先輩の間柄です。宏之さんは前職で介護施設で介護食にかかわり、三奈さんは旅行代理店に勤務していました。

 宏之さんの地元は横浜で、中国料理「奇珍」や家系ラーメンの本家本元「吉村家」に子どもの頃、よく通ったそうです。当時からラーメンが大好きで、大人になってからもさまざまなラーメン屋を食べ歩き、なかでも

・銀座「はしご」
・浜田山「たんたん亭」
・目黒「かづ屋」
・永福町「大勝軒」

に魅了されました。

 やがて「ラーメン屋を開業したい」という思いが芽生え、脱サラ後、高校時代の友人のラーメン屋で働き始めました。そこでしばらくオペレーションやラーメン作りの工程を勉強。その後、前職で積み重ねてきた食の知識や、数多くのラーメン屋を食べ歩いた経験を生かして、独学で現在のラーメンを完成。門前仲町にこうかいぼうをオープンしました。

「こうかいぼう」のラーメン(画像:小野員裕)

 店名の由来はご夫婦ふたりの名前、宏之(ひろゆき)と三奈(みな)をモチーフに

「広く皆さまに望まれるお店にしたい」

という思いから、これを音読みに変え、言葉の響きの心地よさから「こうかいぼう(広皆望)」にしました。

メンマは塩抜きから行う徹底ぶり


【画像】創業20年! 「こうかいぼう」のラーメン

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/11/211106_kokaibo_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211106_kokaibo_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211106_kokaibo_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211106_kokaibo_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211106_kokaibo_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211106_kokaibo_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211106_kokaibo_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211106_kokaibo_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211106_kokaibo_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画