「ゴジラ」も「デジモン」も なぜ東京の街はしょっちゅう破壊されてしまうのか?

人気特撮シリーズ「ゴジラ」から、子どもに人気の「デジモン」まで。アニメや映画などの作品で、東京の街が破壊されるシーンをしばしば見かけます。一体なぜなのでしょうか?


大人は知らない? デジモンの世界

 アニメやゲーム作品として耳にする「デジモン」。正式名称は『デジタルモンスター』で、デジタルワールドという仮想世界に存在するという設定の、デジタル生命体の総称です。

 同作は、1997(平成9)年に発売された、たまごっちに代表されるような携帯型育成ゲームでスタート。以降、テレビアニメや映画、カードゲーム、家庭用ゲーム機など幅広いメディアで展開する人気を獲得してきました。

しょっちゅう破壊される建造物として代表的な「東京タワー」(画像:写真AC)

 中でも『デジモンアドベンチャー』は、1999~2000年に初めて放送されたデジモンのアニメ作品で、8人の選ばれし子どもたちとそれぞれのパートナーとなるデジモンたちとの冒険を描くストーリーです。

 デジタルワールドという仮想世界を主な舞台に、子どもたちとデジモンたちが協力して繰り広げる冒険の数々。作中では、デジモンと子どもたちが現実世界の「東京」へ戻る場面も登場します。

東京はなぜ「破壊」されるのか


【画像】アニメ「デジモン」で破壊された東京の名所

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/12/211216_digimon_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211216_digimon_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211216_digimon_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211216_digimon_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211216_digimon_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211216_digimon_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211216_digimon_04-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画