今まで素通りしてた? 設置理由を知れば行きたくなる「新宿の路上物体」3選

新宿の街には興味深いオブジェ・モニュメントがいくつかあります。今回はそのなかで3点にしぼってご紹介します。


日常風景のなかにある、ナゾの物体たち

「新宿にあるもの」と聞いて、皆さんは何をイメージしますか? 新宿サザンテラス(渋谷区代々木)、新宿御苑(ぎょえん、新宿区内藤町)、東京都庁(新宿区西新宿)のほか、大きな駅やビル群などもありますね。

 しかしそれ以外にも、街中のちょっとしたところにも見どころがあります。道の傍らにたたずむ、オブジェやモニュメントです。こうした物に対し、「これって何なんだろう?」と思いつつも、つい通り過ぎてしまう人もいるのではないでしょうか。

 そこで今回は、新宿にある三つのオブジェ・モニュメントを紹介していきます。さまざまな物の存在や設置に至るまでの経緯を知れば、普段通る道もちょっと違って見えるかもしれません。

新宿住友ビルの重厚なバルブ

「三角ビル」の愛称で親しまれている、新宿住友ビル。その敷地内「三角広場」にひっそりとたたずむものを、まずは紹介していきましょう。

 こちらは明治から昭和にかけて、東京に生活用水を供給していた、「旧淀橋浄水場」で使われていたバルブ「蝶形弁(ちょうがたべん)」(新宿区西新宿2)です。1937(昭和12)年製で、一目見ただけでも歴史を感じられます。

新宿区西新宿にある旧淀橋浄水場蝶型弁(画像:新宿区)

 江戸時代には、四ツ谷大木戸から江戸各所へ分配・供給されていた「玉川上水」の水が、人々の生活の要となっていました。しかし1886(明治19)年にコレラが流行すると、衛生面の観点から政府は、近代的な新水路の建設を決定。

 そして1898年、高低差を利用して配水できる淀橋に、浄水場ができました。これが淀橋浄水場です。翌年には、玉川上水から浄水場へとつながる新水路も完成します。こうして上水道が整備されたことで、東京の衛生環境は大きく改善されました。

 ところが1921(大正10)年の地震や、1923年の関東大震災で新水路は決壊。これに伴い、施設には改良工事がおこなわれました。その一環として設置されたのが、冒頭でお話しした蝶形の止水弁とされています。

 その後淀橋浄水場は、その機能をよそへ移され、1965(昭和40)年にその歴史に幕を下ろしました。跡地は高層ビル群となりましたが、埋め立てはされず当時の地形が生かされています。そのため今でも、貯水池の高低差の痕跡を見ることが可能です。

ひときわ目を引く「LOVE」


【画像】「路上物体」がある場所

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/09/210906_shin_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210906_shin_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210906_shin_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210906_shin_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210906_shin_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210906_shin_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画