時代劇と大河ドラマのいいとこ取り? 『半沢直樹』が視聴率No.1ドラマになったワケ

待ちに待ったドラマシリーズ『半沢直樹』が7月19日から放送開始します。今回は放送を記念して、その人気の理由に迫ります。解説は、社会学者の太田省一さんです。


前シリーズは最高視聴率42.2%を記録

 新型コロナウイルスの影響で放送開始が遅れていた『半沢直樹』(TBSテレビ系)の新シリーズ。ようやく初回の放送が2020年7月19日(日)に決定し、期待も高まっています。

7月放送『半沢直樹』のメインビジュアル(画像:TBSテレビ)

 東京中央銀行というメガバンクを舞台に展開された前作は、2013年の放送で最高視聴率42.2%(ビデオリサーチ調べ。関東地区。以下も同じ)を記録。これは、平成に放送された全ドラマのなかでのトップでした。堺雅人演じる主人公・半沢直樹のセリフ「倍返しだ!」が、流行語になりました。

 なぜ、ここまで『半沢直樹』はブームになったのでしょうか? 新シリーズ開始前に、振り返りの意味も込めてちょっと考えてみたいと思います。

「勧善懲悪」というキーワード

 この作品は、ジャンルとしては企業を舞台にした経済ドラマです。元々経済ドラマは難しい数字や用語が出てくることも多く、視聴率がとれないものという常識がありました。そのジンクスを『半沢直樹』は覆したわけです。

 理由としては、まず勧善懲悪のストーリー展開に徹したということがあるでしょう。悪人はちゃんと悪人で、ずる賢い謀略を張り巡らせ半沢を窮地に陥れる。

しかし最後の最後で半沢が逆転し、悪人を徹底的に懲らしめる。それは世代や性別を問わず楽しめるものです。前作ではラスボス的悪人を大和田常務役の香川照之が巧みに演じ、インパクトのある顔芸も大きな話題になりました。

 そこに、『水戸黄門』のような痛快時代劇を連想したひともいるはずです。

徳川家の家紋「三つ葉葵」(画像:写真AC)

 決めぜりふ「倍返しだ!」は、「この紋所が目に入らぬか!」のようなもの。そこには「待ってました!」と言いたくなるようなカタルシス(心の浄化作用)がありました。『水戸黄門』の最高視聴率は43.7%。『半沢直樹』と同じくらいなのも、面白いところです。

逆転劇を呼ぶ「出世への執念」


【画像】意外と知らない? ドラマ『半沢直樹』のロケ地をチェックする

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/06/200629_hanzawa_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200629_hanzawa_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200629_hanzawa_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200629_hanzawa_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200629_hanzawa_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200629_hanzawa_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200629_hanzawa_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200629_hanzawa_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200629_hanzawa_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200629_hanzawa_06-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画