目黒区「みどり湯」はこじんまりしたサウナと独特のペンキ絵がとっても魅力的なスポットだった【連載】TOKYO銭湯ザンブリコ(20)

ソーシャルディスタンスな散歩を満喫したら、街角の銭湯でザンブリコ――。散歩と銭湯巡りをこよなく愛するコラムニストの島本慶さんが、東京の魅力的なコースへとお連れします。第20回は、目黒区の自由が丘駅からスタートです。


緑道のベンチには多くの人が

 ソーシャルディスタンスな散歩を満喫したら、街角の銭湯でザンブリコ――。散歩と銭湯巡りをこよなく愛するコラムニストの島本慶さんが、東京の魅力的なコースへとお連れします。第20回は、目黒区の自由が丘駅からスタートです。

※ ※ ※

 東急東横線は自由が丘駅。このあたりの街並みというか、駅をとり囲む商店街と飲食街を探索してみたくて出掛けてきました。

 まずはロータリーのある正面口に出て、ロータリーをくるり。いやぁどこに向かおうか迷いながらもウロウロしていると、何かそそられる横町だらけです。

 おぉっと緑道みたいなのがあります。でも緑道というか、公園というか、道の両側はベンチだらけ。大ぜいの人がそのベンチに座ってくつろいでいます。

 何々? 九品仏川緑道ってのか。九品仏川で「くほんぶつがわ」ね。じゃあやっぱり昔は川で、それを暗渠(あんきょ。地下水路)にしてんのかねぇ?

 そこをしばらく徘徊(はいかい)して、今度は駅の反対側のゴチャゴチャした飲食街をウロチョロ。へーえ、こっち側は自由が丘っぽくないそそられる居酒屋さんがありますなぁ。

住宅街にポツンとある銭湯

 16時半頃だったので、ピーカンの空が徐々に薄暗くなり始めます。

 居酒屋さんも、そろそろ準備を始めている雰囲気。さあて、それまでひとっ風呂ってんで私は駅の北口側へ。

 飲食街が並ぶ路地を抜けて、ちょいと広めの車道へ出ます。そこを右へ。ちなみに左は東横線のガード。しばらく歩いて行って、信号を渡りさらに歩きます。

 左側に大きなスーパーというか、家電やおもちゃを売っている「LABI LIFE SELECT 自由が丘」という店があって、そこを通りすぎて、ふと空を見上げると……

 おぉ? 青空にクッキリと満月が! これはスバラシイとしばらく立ち止まって見てしまいました。で、まぁふと左に入る路地をのぞくとありましたよ、みどり湯(目黒区緑が丘)っつう銭湯が。

目黒区緑が丘にある「みどり湯」(画像:島本慶さん制作)

 そうなんですよ。このあたりは銭湯っつうとここくらいしかないんです。こんな住宅街にさりげなくポツンとあるんですな。

 というわけで、げた箱に靴を入れてフロントの若いお兄さんに480円を払います。ちなみにサウナもあって、それはプラス200円だそうです。

富士山の絵は誰が書いたのか?


【画像】目黒区緑が丘にある「みどり湯」

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/12/211202_zanbu_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211202_zanbu_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211202_zanbu_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211202_zanbu_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211202_zanbu_03-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画