グルメサイトになぜか載らない! 町中華の裏メニュー「オムチャーハン」をご存じか

オムライスとチャーハンが合体した「オムチャーハン」は町中華の裏メニューです。でもいったい何で裏メニューのままなのでしょうか?


「オムチャーハン」とは何か

 町中華には、メニューに載っていない「裏メニュー」が数多く存在します。

 あるお店で裏メニューの話になったとき、ご主人はオムライスとチャーハンが合体した「オムチャーハン」が人気だと教えてくれました。このお店にはもちろん、単独メニューとしてオムライス、チャーハンもあります。

 ある日、常連客がオムライスの中身を従来のチキンライスではなく、チャーハンにしてほしいとリクエストしました。ご主人が取りあえず作って出してみたところ、常連客はいたく気に入り、それ以来オムチャーハンしか注文しなくなりました。ご主人もそんなにおいしいのかとまかないで食べたところ、これがけっこうイケたのだそうです。

 その店のオムチャーハンの写真をグルメサイトで探してみましたが、なぜか見つかりませんでした。なるほど、こういったメニューは載らないことが多いのでしょう。まさに裏メニューですね。

食べてみたら、これまた絶品

 というわけで、オムチャーハンを見てみたい、食べてみたいという思いで、そのお店に無理を言ってオムチャーハンを作ってもらいました。

浅草にある博雅のオムチャーハン(画像:下関マグロ)



 提供されたオムチャーハンの見た目は、オムライスそのもの。前述のとおり、中身はチキンライスではなくチャーハンです。ケチャップは焼かれた卵の中央部分にかけられていました。

 早速食べてみると、ご飯がケチャップ味ではないのであっさりしています。ケチャップを合わせて食べると、いやぁ、これがまた絶品じゃありませんか。いくらでも食べられます。

 あまりにもおいしいので、ご主人に「記事にさせてください」とお願いするも

「勘弁してください」

と残念ながらNG。

 理由は作るのにひと手間増えるため、忙しいときに提供できないとのこと。あくまでも常連客のみになるそうです。

店主が好きでメニューにしたオムチャーハン

 筆者(下関マグロ)の記憶が正しければ、博雅(台東区浅草)はオムチャーハンを「表メニュー」で出していました。しかし食べたことはありません。というわけで、博雅に向かうことに。

 こちらのお店には何度か訪問したことがあります。最初に行ったときはコロナ禍の前で、お店はかなり混んでいました。そのとき筆者はチャーハンを注文したのですが、先客にチャーハンが提供されたのを見て「しめた」と思いました。というのも町中華ではチャーハンの注文が重なると、一気に何人前かまとめて作るお店が多いからです。しかし、そうではありませんでした。

 つまり、博雅は一品一品丁寧に作るお店だったのです。少し時間はかかりましたが、出てきたチャーハンは丁寧に作られていて、とてもおいしかった記憶がありました。町中華にはそれぞれの流儀があり、それも町中華の面白さです。

 お店に入ってテーブルに置かれたメニューを見ると、オムチャーハンはありませんでした。でも壁を見るとありました。880円。早速注文です。

博雅の壁に貼ってあるメニュー。オムチャーハンの文字がある(画像:下関マグロ)



 ご飯を炒める音が厨房(ちゅうぼう)から聞こえてきます。今回も丁寧に作られています。

 程なくオムチャーハンが登場。よく見ると、チャーハンと同じお皿で提供されています。早速いただいてみましょう。おやっ、具材はチャーハンと同じですが、ケチャップ味がついています。なんだか夢のような組み合わせです。

グルメサイトの博雅さんのページを見てみると、意外にも。。。

 なかのご飯はチキンライスではなく、チャーハンの具材である、

・刻んだナルト
・チャーシュー
・ネギ
・卵

が入っています。

 そして、食感がかた焼きとふわとろの間くらいの卵焼きがかぶせてあり、ケチャップが上にかけられています。

・炒められたケチャップご飯
・卵焼き
・ケチャップ

がいいハーモニーを奏でています。ほかでは食べたことのないおいしさです。

 店主の石塚慎太郎さんによれば、2020年からメニューに加えたそうで、子どもなどに人気だそうです。

石塚慎太郎さんと奥さまの純子さん。夫婦でお店を切り盛りしている(画像:下関マグロ)



 どうやってオムチャーハンは生まれたのでしょうか? 石塚さんによると

「僕自身オムライスが好きで、よくまかないで食べていたものをメニューにしたんです」

とのこと。なるほど、オムライス好きが作ったオムチャーハンだからおいしいんですね。

 ところでこのオムチャーハンの反響を知るべく、グルメサイトを見てみました。あれ~っ、オムチャーハンについて誰も投稿していません(2021年11月24日時点)。こんなにおいしいのに何故……。

 結局、裏メニューにしろ表メニューにしろオムチャーハンは載っていませんでした。ということは、グルメサイトにはおいしくても載っていないメニューがたくさんあるのかもしれませんね。


【画像】絶品「オムチャーハン」を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/11/211126_omu_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211126_omu_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211126_omu_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211126_omu_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211126_omu_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211126_omu_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211126_omu_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211126_omu_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211126_omu_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211126_omu_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211126_omu_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211126_omu_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211126_omu_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211126_omu_03-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画