えっ、本当に東京? 70年前の風景にタイムスリップ、足立区・堀切周辺を歩く

東武スカイツリーライン「浅草駅」から5駅目の堀切駅周辺は、昭和レトロファンにはたまらないスポット。紀行ライターのカベルナリア吉田さんが歩きます。


駅前はまさかの、土手と川!?

「列車とホームの間隔が、広く開いている箇所がございます」

 グワンと大きくカーブを描くホームに、列車が滑り込みます。アナウンスの通り、大きく開いた隙間に足を取られないよう、エイヤッとまたいでホームへ。

堀切駅。ここは本当に東京23区?(画像:カベルナリア吉田)

 狭い改札口を抜け外に出ると、駅前は……え、土手? 
土手の向こうを、広い川が流れています。ロータリーも全国チェーンのコーヒー屋も、ここにはありません。

 そして振り返り、いま出たばかりの駅を見ると、さらに驚きます。すさまじく年季の入った、一軒家を思わせる簡素な駅舎。浅草からここまで10分強。今どき都内に、それも都心の近くに、こんなひなびた駅と駅前があるなんて。

 その駅は東武スカイツリーライン――伊勢崎線といったほうがわかりやすいでしょうか。浅草から5駅目の、堀切駅です。

1902年に開業

 堀切駅は1902(明治35)年開業、110年以上の歴史を誇る駅です。その所在地は東京都葛飾区堀切、ではなくて足立区千住曙町。駅名と同じ葛飾区堀切は、駅前を流れる荒川を渡った向こうにあり、そこには京成線の堀切菖蒲園駅があります。

堀切駅前は土手(画像:カベルナリア吉田)

 もともと荒川は、利根川の氾濫を防ぐため人工的に掘削された放水路です。掘削工事に伴い、今よりもっと東側にあった堀切駅は1924(大正13)年に、放水路の西側である現在地に移転されました。

3年B組生徒が駆け抜けた土手


【画像】堀切駅から切菖蒲園駅まで。下町・レトロ好きにはたまらない風景をチェックする?(18枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/09/190927_horikiri_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190927_horikiri_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190927_horikiri_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190927_horikiri_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190927_horikiri_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190927_horikiri_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190927_horikiri_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190927_horikiri_15-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190927_horikiri_16-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190927_horikiri_17-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190927_horikiri_18-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190927_horikiri_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190927_horikiri_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190927_horikiri_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190927_horikiri_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190927_horikiri_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190927_horikiri_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190927_horikiri_07-150x150.jpg

New Article

新着記事