一歩入れば昭和にタイムスリップ! 府中市「大東京綜合卸売センター」のレトロ感と品揃えが凄かった

観光地化した豊洲や築地とは対照的に、都内にはまだ昭和の雰囲気を残している市場があります。そのひとつが府中市にある大東京綜合卸売センターです。ルポライターの昼間たかしさんが現場を歩きました。


府中駅から約1500m 昭和の雰囲気を残す市場

 筆者(昼間たかし、ルポライター)は先日、記事執筆の資料を探しに府中市へ行きました。目当てのものは運よくすぐ手に入れられたので、あまった時間を使い街を散策することにしました。

 といっても、府中市は東京でも屈指のコンパクトシティ。にぎやかなエリアは駅周辺に固まっているため、府中駅から少し歩けば郊外の風景が広がります。

 そんな府中の町外れに、府中市民以外はあまり知らない盛況なスポットがあります。「府中市場」の名称で知られる、大東京綜合卸売センター(府中市矢崎町)です。直線距離で京王線の府中駅から約1500m、武蔵野線の府中本町駅から約900mの位置にあります。

 観光地化した豊洲や築地の市場とは対照的に、大東京綜合卸売センターは昭和の雰囲気をいまだ残しています。

 1966(昭和41)年のオープン以来、50年以上の歴史を持つ大東京綜合卸売センター。名前に「卸売」とありますが、小売りもOKです。施設の雰囲気もさることながら、「大東京」という名称もそそります。

「大東京」の「大」に込められた思い

 立地する地名の前に「大」の一文字を加えることは、昭和初期から40年代までに起きた一種のブームでした。愛知県名古屋市の名古屋駅前にある「大名古屋ビルヂング」は、その代表格といえるでしょう(1965年完成)。

府中市矢崎町にある大東京綜合卸売センター(画像:(C)Google)

 当時は大の一文字を付けるだけで、「右肩上がり」「モダン」な雰囲気でしたが、今では逆に「昭和レトロ」な懐かしさを感じさせます。

 余談ですが、地名に大を付けるのは発展する町を表現する際によく使われていたようです。過去の資料を調べると

「大仙台」
「大岡山」

といった表現によく出会います。鳥取市に至っては、その上をいく

「グレート鳥取」

という呼称を使っていたこともありました。

 そんな大東京綜合卸売センターですが、残念ながら都内での地名度はさほど高くありません。その一番の理由は、前述のように駅から距離があることです。京王線の府中駅からは約30分、武蔵野線の府中本町駅からは約20分は歩きます。にもかかわらず盛況ですから、それだけ魅力があるのでしょう。

市場の床は懐かしい茶色のタイル張り


【画像】大東京綜合卸売センターの内部

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/10/211026_ichiba_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211026_ichiba_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211026_ichiba_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211026_ichiba_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211026_ichiba_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211026_ichiba_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211026_ichiba_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211026_ichiba_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画