「商売するなら日本が一番」 来日30年のインド人社長がコロナ禍真っただ中に新店オープンを決めたワケ

知る人ぞ知るエスニック食材店「アンビカ」が2月22日、新大久保に支店をオープンしました。コロナ禍の真っただ中にも関わらずいったいなぜ? アジア専門ライターの室橋裕和さんが取材しました。


まるでインドのスーパーマーケット

 多国籍タウン・新大久保に2021年2月22日(月)、またひとつエスニック食材店がオープンしました。インドのスパイスや調味料などを専門に扱う「アンビカショップ」(新宿区百人町)です。蔵前店、西葛西店に続き、新大久保で3店目となります。

 新大久保駅のすぐ西、さまざまな国のレストランや食材店が並ぶ通りの一角にできたお店をのぞいてみると、まるでインドのスーパーマーケット。

 バスマティライス(インドの長粒米)、多種多様なスパイス、インドの豆やアタ(小麦の全粒粉)、ギー(バターオイル)、紅茶にスナックなどなど、数多くの品が並び、目移りします。甘さで知られるグラブジャムンなどのスイーツも人気になっているそうです。

 新大久保のエスニック食材店の中ではとりわけ広々としていて、日本人にもわかりやすい表示なども豊富です。

「南アジアの市場」となった新大久保

 いまや「エスニック激戦区」である新大久保に出店した理由について、社長のヒンガル・ニッティンさんが語ってくれました。

品質の良い商品を提供したいと語るヒンガル・ニッティンさん。写真は蔵前店(画像:室橋裕和)

「もともとこのあたりにたくさんあるネパール料理などのレストランに、食材やスパイスなどを卸していたんです。さらにこの街で私たちが小売店も開いて、高品質で安心できるものを提供することで、地域のマーケット全体のクオリティーが上がればと思ってオープンしました」

 コリアンタウンというイメージが強い新大久保ですが、現在はさまざまな民族・文化の人たちが行き交うインターナショナルタウンになっています。

 とりわけ多いのがネパールやバングラデシュ、パキスタン、インドといった南アジア勢。彼らが利用し、日本人も本場の味や雰囲気を楽しむ食材店やレストランが新大久保にはいくつもあるのですが、アンビカショップはそんなかいわいの指標となるような店を目指しているそうです。

 また新大久保は、いまでは日本各地で暮らす南アジア系の人たちにとっても大事な街になってきていると言います。

「例えば福岡や名古屋など、日本の地方でレストランや食材など食べ物に関わる仕事をしようと考えた南アジアの人は、まず新大久保に来るんです」

 この街で何が売られていて、どんなメニューや商品に需要があるのか。仕入れ先や価格はどうなっているのか。そんなことをリサーチする街となっているそうです。だからここで出店すれば、日本各地の南アジアの人たちにアピールできるというわけです。

「新大久保店は、ディスプレーのような存在になればと思っています」

巣ごもり傾向が小売り需要を後押し


【地図】2月にオープンした「アンビカショップ新大久保店」

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/03/210317_india_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210317_india_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210317_india_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210317_india_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210317_india_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210317_india_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210317_india_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210317_india_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画