ネスレ日本が平日朝に、乗客たった10人の「無料バス」を走らせるワケ

ネスレ日本(神戸市)とケイエム観光バス(大田区大森南)が提携し、12月2日から期間限定で通勤バスを走らせています。いったいなぜでしょうか。


「食品による社会問題解決」という企業理念

 依然として大きな課題となっている都内の満員電車。国土交通省が2019年7月に発表した「都市鉄道の混雑率調査結果」によると、朝のピーク時における混雑率は東京メトロ東西線で199%、JR東日本総武緩行線で196%と、特に朝の通勤ラッシュは早急に緩和しなければならない状況です。

 そんななか、食品・飲料大手のネスレ日本(神戸市)はケイエム観光バス(大田区大森南)と提携し、2019年12月2日(月)から平日5日間限定で、池袋駅東口から東京駅八重洲口にかけて通勤バスを走らせています。詳しい内容を知るため、11月29日(金)に行われた記者発表を取材しました。

 今回の通勤バスイベント「YuGa(ユーガ)×ネスカフェ “優雅な通勤バスで朝食を”」は、12月2日(月)~18日(水)の5日間行われています。午前8時に池袋東口を出発し、東京駅に着くのは8時40分の予定とのこと。

 乗車する飛行機のビジネスクラスシートをイメージした豪華なバス「YuGa」では、各席に簡易スリッパやブランケット、USB充電コネクタ等、そして座席にはテレビモニターも完備。イギリスやスイス、メキシコなど世界の朝食とコーヒーも提供されるなど、通勤とは思えない贅沢なひとときが味わえます。乗車人数は各10人、参加費は無料です。

「YuGa」の外観(画像:秋山悠紀)

 もともと母乳で育つことのできない新生児の粉ミルクを開発したことでスタートした経緯があるネスレ。今回の通勤バスも、社会問題を食品や飲料でいかに解決していくかといった企業理念に基づいていると言います。

「ゆっくり朝食を摂る」という習慣


【画像】思ったより豪華? バスの車内で提供される朝食例

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/12/191209_nesure_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191209_nesure_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191209_nesure_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191209_nesure_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191209_nesure_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画