渋沢栄一が「官尊民卑」を嫌い、民間人の人生にこだわったワケ【青天を衝け 序説】

“日本資本主義の父”で、新1万円札の顔としても注目される渋沢栄一が活躍するNHK大河ドラマ「青天を衝け」。そんな同作をより楽しめる豆知識を、フリーランスライターの小川裕夫さんが紹介します。


まげを落として酷評された渋沢

 NHK大河ドラマ「青天を衝け」は、7月18日放送回で草彅剛さんが演じる徳川慶喜が政権を返上。いわゆる大政奉還が描かれました。これにより、徳川の治世が幕を下ろします。

2021年のNHK大河ドラマ『青天を衝け』のウェブサイト(画像:NHK)

 徳川体制の終焉(しゅうえん)時、渋沢はパリに滞在中でした。作中でも描かれていましたが、渋沢はパリ滞在が長くなるにつれて、現地に順応するべく武士の魂とも言えるまげを落としました。

 まげは武士にとってアイデンティティーでもあるため、板垣李光人(りひと)さんが演じる徳川昭武に随行した水戸藩士たちは、かなり抵抗感を抱いたようです。

 また、渋沢はまげを落とした姿で写真を撮り、それを日本の家族に送っています。渋沢の姿を写真で見て、家族は「情けない姿」と酷評しています。それほど西洋諸国と当時の日本は価値観がかけ離れていたのです。

 しかし、渋沢は異国に順応し、最新の知見と技術・文化を精いっぱいに吸収しようと努めます。フランス滞在中、渋沢は昭武のお供としてヨーロッパ各国を巡歴。昭武一行がパリから最初に向かったのがスイスです。その後、パリに戻ることなくオランダ、そしてベルギーを回りました。

 この巡歴で、渋沢は生涯にわたって印象深い体験をしています。それが、ベルギー国王との謁見(えっけん)でした。

 作中でも描かれましたが、ベルギー国王は昭武に対して「これからは鉄を大量に使う時代になる。ベルギーでは多くの鉄を安価に生産することができる。日本は、わが国からたくさん購入してほしい」と打診しています。ベルギー国王がビジネスの話をしたのです。

 当時の日本では、金銭をもうける行為は卑しいと考えられていました。そのため、武士は商売について口にすることありません。高い身分の人々が、金もうけを口にすること、考えることはご法度だったのです。

帰国後に退官、民間人へ


【画像】渋沢栄一が愛した「山高帽」

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/08/210811_shibu_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210811_shibu_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210811_shibu_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210811_shibu_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画