都内にひっそり残る「歴史的偉人」の墓 新選組の近藤勇は3か所もあるってホント?

歴史上の人物たちの墓は、今も東京都内の各所にひっそりたたずんでいます。ノンフィクション作家の合田一道さんが、彼らの功績とともに、それぞれの墓前を訪ねました。


吉田松陰の墓は世田谷区と荒川区に

 コロナ禍の世ですが、墓参りの季節になると都内の墓地や霊園などは墓参の人たちで賑わいます。

 最近は“歴史ブーム”の影響か、著名な人物の墓を巡るツアーもあるようで、筆者(合田一道。ノンフィクション作家)が取材で文京区小石川の伝通院にある清河八郎の墓を訪ねたとき、偶然、数人の年配者のグループにぶつかり、目を見張ったものです。

 清河は浪士組総括で、幕政改革を主張し、顔なじみの幕吏(ばくり)に討たれた人物です。

 さぁ、墓参りの始まりです。まずは幕末維新の前触れとなる「安政の大獄」(1858~1859年)で斬首された吉田松陰の墓を巡りましょう。

荒川区南千住の小塚原回向院にある吉田松陰の墓(画像:合田一道)

 実は松陰の墓は、世田谷区若林の松陰神社内の墓所のほかに、荒川区南千住の小塚原回向院にもあり、墓の正面に戒名の「松陰二十一回猛士」と刻まれています。

 吉田の文字をばらばらにすると「二十一回」になり、死ぬまで全力で二十一回行動するという決意を表しているのです。

 その墓のすぐそばにやはり大獄で処刑された橋本左内(はしもと さない)や瀬三樹三郎(らい みきさぶろう)らの墓が建っています。

 反対側の壁面に、沿う形で同じ形の墓がずらりと並んでいます。管理事務所に尋ねて、これが「桜田門外の変」(1860年)で大老井伊直弼を襲撃した水戸藩士らの墓と教えられ、思わず息を飲み込んだものでした。

井伊直弼は世田谷の豪徳寺に


【画像】歴史上の人物たちの「墓」(計12枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/11/211112_grave_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211112_grave_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211112_grave_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211112_grave_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211112_grave_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211112_grave_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211112_grave_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211112_grave_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211112_grave_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211112_grave_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211112_grave_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211112_grave_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画