東京・晴海に突如出現! 謎の建物「東京鰹節センター」とは何か

中央区の晴海エリアを歩いていると突如現れる謎の建物、「東京鰹節センター」とはいったい何でしょうか。その歴史について、フリーライターの犬神瞳子さんが解説します。


事務所っぽい外観

 東京23区内で人の少ない地域として、まず思い浮かぶのは湾岸地域です。中でも中央区の晴海かいわいは都心からさほど離れていないにもかかわらず、「3密」を避けられるお勧めのエリアです。

 晴海は東京2020オリンピックが延期になったことで、今後の発展がどうなるのか注目されています。2019年には、隈(くま)研吾建築都市設計事務所(港区南青山)がデザイン監修した国産材を用いた「CLT PARK HARUMI」が晴海通り沿いに完成。地域の名所となっていました(9月30日閉館)。

 CLTとは「Cross Laminated Timber」の略称で、挽き板を並べた後に繊維方向が直交するよう積層接着した木質系材料のことです。

 ちなみにこの施設の跡地は、年末時点ですっかりさら地になっていました。

 さて、そんな晴海で年末に散歩を楽しんでいたところ、年越しそばや鰹(かつお)節を売っている店を発見しました。いや、店というより事務所の一角を使って販売しているようなイメージでしょうか。

 建物の上を見れば、「東京鰹節センター」と書いてあります。みそ汁や各種の料理の出汁に欠かせない鰹節ですが、御飯にしょうゆと一緒にかけて食べるだけでも格別。そこにマヨネーズを加えた日には、おかずがなくてもご飯が何杯も食べられます。

89の鰹節問屋が集結


【画像】中央区晴海にある「東京鰹節センター」を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/01/210114_katsuo_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210114_katsuo_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210114_katsuo_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210114_katsuo_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210114_katsuo_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210114_katsuo_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210114_katsuo_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210114_katsuo_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画