神楽坂の「神楽」とは何を意味するのか? 由来にまつわる四つの説、知られざる正解は

歴史の風情が息づく街として知られる神楽坂。そんな同地の地名由来をご存じでしょうか。これまで数多くの歴史関連雑誌・冊子の編集を手掛けてきた編集プロダクション『ディラナダチ』代表の小林明さんが解説します。


気になる都内の地名・駅名の由来

 東京都内を電車で移動したり、徒歩で散策したりしていると

「この地名や駅名はどんな由来で付けられたのか」

と、疑問が湧いてくることがあります。東京は約1400万人が暮らし、仕事をする巨大都市ですが、歴史が振り返られる機会はさほど多くありません。

 そのため、筆者(小林明、編集プロダクション『ディラナダチ』代表)は

「駅名・地名には、知らない歴史・秘密があるのでは」
「それらを知ることは、東京の成り立ちを知ることにもつながるのではないか」

と思いたちました。

神楽坂(画像:写真AC)

 今回向かったのは、東京都新宿区にある「神楽坂」です。理由は「神楽」という言葉の響きに物語を感じたからです。

文豪が愛した神楽坂

 神楽坂は多くの文豪に愛された土地で、明治時代後半から泉鏡花や北原白秋らが住居を構えていました。

 夏目漱石の『坊っちゃん』の主人公は江戸っ子で、赴任先の松山の町並みを神楽坂と比較しています。現代では柚木麻子さんの『あまからカルテット』が神楽坂での食べ歩きをテーマとしています。

柚木麻子『あまからカルテット』(画像:文芸春秋)

 メインストリートの坂から一歩入ると路地が多く、しゃれたカフェやレストラン、日本料理店などが軒を連ねています。

 また、駅名では

・東西線「神楽坂駅」
・大江戸線「牛込神楽坂駅」

にその名をとどめています。

 JR飯田橋駅からも至近で、西口を下車し、外堀通りを渡ってすぐの地点が神楽坂下、つまり坂の入り口です。

神楽坂の地名を取り巻く四つの説


【2020年度】住民に愛されている街(駅)ランキング

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/10/211027_kagu_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211027_kagu_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211027_kagu_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211027_kagu_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211027_kagu_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211027_kagu_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211027_kagu_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211027_kagu_06-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画