秋空の下、サンマが次々焼き上がる! 東京で海の恵みを味わうイベントに出かけよう

2018年9月20日

イベント
ULM編集部

秋の東京は、各所で海の恵みを味わうイベントが開催されます。特に、焼き立てのさんまを提供する、ふたつの「さんま祭り」はいずれも無料で食べることができるお得なイベントです。


3333匹を無料提供。東京タワーの「さんま祭り」

 東京タワー2018年9月23日(日・祝)に行われる「三陸・大船渡 東京タワーさんままつり」は、開催10回目を迎える恒例イベント。岩手県の大船渡港で水揚げされたサンマを、同市公認のサンマ焼き師が炭火で香ばしく焼き上げ、3333人に無料で振る舞います。

炭火で焼き上げたさんまに、大根おろしと醤油などもセットで提供される(画像:「三陸・大船渡 東京タワーさんままつり」実行委員会)

 3333という数字にはもちろん由来があります。大船渡市が三陸(さんりく)海岸にあることや、東京タワーが昭和33(1958)年に開業し、高さが333mであることなど、「3」という数字が縁となって、2009(平成21)年からイベントが始まりました。

 焼き立てのサンマを味わうには、イベント当日朝に配布される「サンマ引換券」を手に入れる必要がありますが、会場では大船渡の伝統料理「さんますり身汁」(300円)や大船渡のご当地バーガー「さんまバーガー」(600 円)も数量限定で販売されます。

大勢の焼き師が3333匹のサンマを焼き上げる姿は圧巻(画像:「三陸・大船渡 東京タワーさんままつり」実行委員会)

 ほかにも、特設ステージでの出し物も予定されています。笑い芸人・ほいけんさんの「ものまねショー」や、ラジオ日本の公開収録、郷土芸能の公演などのステージプログラムがイベントを盛り上げます。

●三陸・大船渡 東京タワーさんままつり
・開催日時:2018年9月23日(日・祝)
・会場:東京タワー南側駐車場、1階正面玄関前
・住所:東京都港区芝公園4-2-8
・交通アクセス:日比谷線「神谷町駅」から徒歩7分、都営三田線「御成門駅」から徒歩6分
・開催時間:9:30~16:30
・入場料:無料
・電話番号:03-3433-5111
※無料の炭火焼きサンマを食べるには、会場で7:30から配布される「サンマ引換券」(1人1枚まで)を受け取る必要があります。引換券に記載されている指定時間にサンマとの引き換えができます。

水元公園でも、3000匹のサンマが焼き上がる

 参加者に無料でサンマを振る舞うイベントがもうひとつ、2018年10月28日に東京で開かれます。

「水元公園さんま祭り」も、開始時間前から行列ができる人気イベント(画像:葛飾区)

「第3回 水元公園さんま祭り」は、葛飾区の水元公園を会場に、千葉県の銚子港で水揚げされた新鮮なサンマ約3000尾の焼きたてを無料で食べられるイベント。2018年で3回目の開催ですが、2017年の第2回開催時も、開始時間前から行列ができるほどの人気ぶりでした。

 当日はサンマ以外にも、食べ物や飲み物の屋台が並び、食事を楽しむことができます。

2017年のイベントは雨天のなかでの開催だったが、多くの参加者が集まった(画像:葛飾区)

 会場となる水元公園は東京都内でも最大規模の水郷公園で、水辺や森の散策、野鳥観察、バーベキューなどが楽しめます。天気に恵まれれば、午前中を「さんま祭り」に参加し、午後は公園を楽しむという過ごし方もおすすめです。

●第3回 水元公園さんま祭り
・開催日時:2018年10月28日(日) 9:30~13:00
・会場:水元公園特設おまつり広場
・交通アクセス:東京メトロ千代田線、JR常磐線「金町駅」から 京成バス(戸ヶ崎操車場または西水元三丁目行き)「水元公園」下車、徒歩7分
・参加費:無料(サンマ以外の物販屋台は有料です)
・電話番号:03-6758-2222(葛飾区コールセンター)
※小雨決行、雨天時は11月4日に延期となります。

漁師飯や磯料理が日比谷に集う!「ジャパンフィッシャーマンズフェスティバル」


New Article

新着記事