人が消えた廃墟都市……話題の作品集『東京幻想』が暗示した「2021年の東京」とは

2020年12月25日

お出かけ
ULM編集部

コロナ禍の2020年初夏に発売され、大きな話題を呼んだ『東京幻想 作品集』。人が消えて廃墟と化した東京の街を描いたこの作品には、どのような思いが込められているのでしょう。作者に話を聞きました。


朽ち果てた都市を描く『東京幻想 作品集』

 建物が朽ちて人ひとり見当たらない、廃墟と化した街。その廃墟を覆い尽くす、青々とした草木や水。

 2020年初夏、新型コロナ禍に見舞われた日本・東京を比喩するかのような画集が発売されて、大きな反響を呼びました。

『東京幻想 作品集』(芸術新聞社)。帯に書かれた「東京に何が起きたのか!?」という問いの答えは明かされないまま、変わり果てた新宿や渋谷、銀座、浅草、新橋、池袋の街が、精緻な筆で描き出されています。

 この作品が2020年の私たちに問いかけたものとは何だったのか。1年の終わりに作者を訪ねました。

作品世界をなぞるように、コロナは拡大していった

 国内での感染者数がじわじわと拡大を見せ始めていた2020年2月。都内在住のクリエーター東京幻想さんは、本作刊行に向けた制作作業のただ中にいました。

「これはまずいな」

 次々報じられるニュースに覚えたのは、そんな感想。作中の世界観をなぞるかのように街から人が消え、経済活動が停止していく様子に、まず懸念したのは「オリンピックが開催されないかもしれない」ことでした。

 2019年夏から計画が動き出した本作はもともと、五輪開催によるインバウンド(訪日外国人観光客)需要など東京への注目が高まることを想定したもの。悪い予感は的中した一方、作品の数々が「まるでコロナ禍の世界を表しているよう」とSNS上で話題になり、結果として多くの人の目にとまることとなりました。

東京が持つ華やかさとはかなさ、強さと脆さ


【画像】「廃墟化した東京」の作品を見る(10枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/12/201225_genso_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201225_genso_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201225_genso_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201225_genso_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201225_genso_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201225_genso_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201225_genso_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201225_genso_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201225_genso_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201225_genso_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201225_genso_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201225_genso_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201225_genso_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201225_genso_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画