地震被害にも負けない! 足立区を激変させた「日暮里・舎人ライナー」開通の衝撃

先日の地震で脱輪被害を受けた日暮里・舎人ライナー。そんな同路線ですが、開業への道のりも困難に満ちていました。鉄道ライターの弘中新一さんが解説します。


震度5で脱輪するも4日ぶりに再開

 10月7日(木)、東京都と埼玉県で最大震度5強を観測する地震が発生。その影響で、日暮里駅(荒川区)から見沼代親水公園駅(足立区)を結ぶ日暮里・舎人(とねり)ライナーは車両が脱輪し、大きな被害を受けました。

 結果、車両をクレーンでつり下げて移動させることになり、11日にようやく運行再開となりました。

 幸いにもけが人などは出なかったものの、足立区西部では交通網が大混乱する事態に。なにしろ足立区西部には、日暮里・舎人ライナーのほかに鉄道はありません。バス路線もあるとはいえ、周辺道路は渋滞が多く、時間通りに必ず運行する信頼度の高い公共交通機関は、日暮里・舎人ライナーのみなのです。

 ということで今回は、地震で改めて重要性が認識された日暮里・舎人ライナーをご紹介します。

利用者過多だった都営バス

 現在、足立区では西から

1.日暮里・舎人ライナー(2008年開業)
2.東武伊勢崎線(1899年開業)
3.つくばエクスプレス(2005年開業)

の三つの鉄道路線が走っており、区内を南北に縦貫しています。

 しかし、かつての鉄道路線は東武伊勢崎線のみ。区外に出るには

・東西方向へバスで移動して東武伊勢崎線に乗る
・区外へ運行しているバスを利用する

という選択しかありませんでした。

日暮里・舎人ライナー(画像:写真AC)

 現在の日暮里・舎人ライナーのルートにあたる地域では、日暮里駅に向かう都営バス「里48系統」が主要な公共交通機関になっていました(現在も運行中)。

 この系統は、現在の日暮里・舎人ライナーの高架の下にある尾久橋通りを走るのですが、沿線から通勤・通学するほぼすべての人が利用することに加えて、慢性的に渋滞する道路だったこともあり、ラッシュ時の定時運行は困難を極めていました。

 こうした事情から、足立区の隅田川以北は東武伊勢崎線沿線を除けば、ほとんどが「陸の孤島」になっていました。そのため、足立区では1970年代から新たな鉄道の建設を求める声が強まっていました。

「新都市交通システム」への期待


【画像】60年前の足立区

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/10/211022_toneri_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211022_toneri_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211022_toneri_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211022_toneri_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211022_toneri_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211022_toneri_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211022_toneri_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211022_toneri_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画