「スーパーボール」に「10円ゲーム」 都内で見つけた昭和感たっぷりの駄菓子屋とは

昭和時代、子どもたちに大人気だった駄菓子屋さん。その現在について、エデュケーショナルライターの日野京子さんが解説します。


昭和の町の風景に溶け込んでいた駄菓子屋

元号が令和に変わり早いもので4年がたとうとしています。現役世代でも徐々に平成生まれが増え、ますます「昭和は遠くなりにけり」になっています。

東京都心の高層ビル群や街並みをみると、昭和の雰囲気を探すのは簡単ではありません。しかし昭和の頃によく見かけた小学校近くの駄菓子屋が東京のど真ん中でも健在です。

駄菓子屋を取り巻く環境は厳しいものがあります。店主の高齢化や少子化によるお客さん(小中学生)の減少、商品単価も安く利益が出にくい商売ということもあり駄菓子屋は街から姿を消しているのも事実です。

少ないお小遣いでも買える駄菓子は小学生に大人気(写真:PIXTA)




経済産業省の商業統計で駄菓子屋が含まれる「菓子小売業(製造小売)」の事業者数は1991(平成3)年は6万9042でしたが、2016(平成28)年には1万5746にまで減少。そのうち駄菓子屋の形態ともいえる個人事業所数は5万4327事業所から7054事業所に激減しています。

こうしたなかで現在も昔ながらの小学校そばの駄菓子屋があるのは奇跡であり、貴重な存在です。小さい頃を懐かしむために、または小学生の頃の憧れだった「大人買い」を楽しむために、アクセス抜群の「23区内にある昭和的な駄菓子屋さん」をご紹介していきます。

新宿にも存在する地域の駄菓子屋

1日の最多乗降者数が世界一とギネス認定されている新宿駅を有する新宿区。この街に昭和的な雰囲気の駄菓子屋があると聞いてもにわかに信じられないかもしれませんが、商業施設に入っている駄菓子屋ではなく、正真正銘の「駄菓子屋」です。

グミ1つから買えるのも駄菓子の魅力(写真:PIXTA)

東京メトロ丸ノ内線西新宿から12、3分歩いた距離にある「横山」は昭和の雰囲気を残す町の駄菓子屋さん。新宿フロントスクエアを通り抜けて青梅街道を渡り、北に進み路地を歩いていくと大都市新宿の姿は消え、高層ビルが皆無の懐かしい街並みが広がります。

そんな地域に横山は店を構えています。さらに、昭和の駄菓子屋さんの条件の一つである「小学校の近く」を軽々とクリアする場所に新宿区立柏木小学校があります。

横山は戦後間もない1948(昭和23)年創業。新宿駅周辺の開発とは無縁のようなたたずまいをみせています。

店内には定番の駄菓子の他、スーパーボールくじや玩具類が壁にかかって売られており、まさに子ども達の夢の国。店の前からは新宿フロントタワーが見え、昭和と現代が交差する不思議な空間となっています。

・横山
東京都新宿区新宿2-4-14
東京メトロ丸の内線西新宿から徒歩12~3分

人気の谷根千地域に残る駄菓子屋


この記事の画像をもっと見る(4枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2022/04/pixta_2655967_S-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/04/pixta_7963940_S-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/04/pixta_63586842_S-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/04/pixta_49735346_S-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画