世代を超えた人気っぷり 東京・谷根千エリアが「単なる下町」にとどまらない理由

東京の下町として人気の「谷根千エリア」。新しさと懐かしさが調和している同エリアの魅力について解説します。


谷中ぎんざ商店街が舞台のひとつ

 2021年4月から放送が始まったアニメ「ましろのおと」のテーマは、津軽三味線です。

 津軽三味線奏者の祖父を持つ主人公・澤村雪は、その優れた才能を引き継ぐ高校生。祖父の死をきっかけに演奏を止め青森から上京した雪は、周囲と関わりあいながら、再び自分の音を追求していきます。

 雪は東京の下町にある架空の場所「あやめ商店街」に下宿をしていますが、その商店街のモデルは台東区谷中にある谷中ぎんざ商店街(台東区谷中3)とされています。アニメの描写では、観光スポット「夕焼けだんだん」の風景が特にわかりやすく、気づいた人も多いと思われます。

谷中の「夕焼けだんだん」(画像:写真AC)

 その谷中ぎんざがある谷中と、根津・千駄木を含めた地域「谷根千」は、東京の中心部に今なお残る下町として、地元や観光客から親しまれている地域です。近年、レトロなスポットだけでなく、下町風情に調和した新しいお店もオープンし、新たに人を呼んでいます。

 この記事では、そんな谷根千エリアがどのようにして趣を残しつつ、新しさを取り入れた町になっているのか、まちづくりの観点もまじえて考察していきます。

「谷根千エリア」の特徴とは

 谷根千エリアとは台東区谷中と文京区根津・千駄木一帯を指し、都心にありながら下町風情や歴史、文化などのレトロな情緒が色濃く残る地域です。

「ましろのおと」のウェブサイト(画像:(C)羅川真里茂・講談社/ましろのおと製作委員会)

 谷中は東京の寺町であり、数多くの寺社と著名人の墓がある谷中霊園(谷中7)があります。また、地元の人から観光客まで、多くの人でにぎわう谷中ぎんざ商店街も有名です。

 谷中の西に位置する千駄木は、近現代の文人ゆかりの場所や大正時代の豪邸跡など、近代に活躍した人々の足跡を感じられる地域となっています。

 谷中と千駄木の南西部にある根津は、千本鳥居が有名な根津神社(文京区根津1)があり、木造の建物が多く残る落ち着きのある地区です。

カフェやスイーツショップも新規オープン


【意外と知らない?】「谷根千エリア」の位置

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/07/210723_mashiro_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210723_mashiro_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210723_mashiro_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210723_mashiro_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210723_mashiro_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210723_mashiro_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210723_mashiro_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210723_mashiro_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210723_mashiro_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210723_mashiro_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210723_mashiro_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210723_mashiro_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210723_mashiro_06-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画