東京で「Uber Eats」まだ稼げる? コロナ禍の配達員急増から一転、どんな変化があったのか

新型コロナ禍で一気に拡大したフードデリバリーサービス。感染拡大がようやくひと息ついた今、配達員はどのように感じているのでしょうか? 今も収益を上げることは可能なのでしょうか? 自身も配達員経験のあるライターが東京での実態を探ります。


月100万円稼ぐ配達員も?

 新型コロナウイルス感染拡大の影響もあり、全国各地で一般的になったデリバリーサービス「Uber Eats(ウーバーイーツ)」ですが、 特に東京は飲食店が多く、配達員の数も地方の比ではありません。

 運動不足解消のために、過去に筆者も配達員をやっていました。ピークタイムに稼働すると、なかなかの金額を稼げていた記憶があります。

新型コロナ禍で一気に利用者が増えたフードデリバリー。配達員としては稼ぎはどのくらい?(画像:写真AC)

 渋谷・新宿などの繁華街では通常料金に加え、ピーク時に加算されるインセンティブ「プロモーション料金」が大幅に加算されるので、効率良く働けば、なかなか良い副業です。

 一時期は月100万円稼ぐドライバーも登場するほどの職種でしたが、緊急事態宣言が明けて外出機運が高まっているた2021年10月現在、どれほどの収益性を保っているのでしょうか?

 今回は、そんなウーバーイーツのドライバーの収益について掘り下げていきます。

システムが変わり、増した不透明感


【画像】筆者が使っていたUber Eatsバッグ

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/10/211018_uber_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211018_uber_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211018_uber_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211018_uber_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211018_uber_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画