「いやだぁぁぁ~」 都内ショッピングモールで泣きわめく男の子、困り果てた父親がとった予想外の行動とは

夫婦共働きで、両親は地方の地元在住。そんな東京での子育ては、なかなか容易ではありません。イヤイヤとごねる子どもにはどう接するのがよいのか? 漫画家のさく兵衛さんが、江東区のショッピングモールで見かけた父子のエピソードを紹介します。


東京での子育てが大変な理由とは

 子育てが大変であることは言うまでもありません。しかし、時代や場所によってその要因は少しずつ変わっていきます。

 例えば東京在住の子育ての大変さの要因はどこにあるのでしょうか。国や都の統計データから、その一端が垣間見えます。
 
 まず内閣府の男女共同参画局によると、共働き世帯数は1980(昭和55)年から年々増加し、1997(平成9)年以降は共働き世帯数が男性雇用者と専業主婦の妻から成る世帯数を上回っているそうです。

 それに対して、東京都産業労働局によると、2019年4月から2020年3月末までの育児休業取得者の有無の割合は女性が94.8%に対し男性は14.5%。

 前年度の調査では11.8%でしたので、2.7ポイントの増加が見られますが、割合はまだまだ低い状況です。

両親は地方在住、なかなか頼れず

 また、夫婦どちらかの実家の近くに住んでいる家庭ならば両親に応援を頼むということもできますが、もしふたりとも地方出身で上京してきたとすると、簡単に頼ることもできません。

 つまり地元から離れて住む夫婦は、地元に住む夫婦に比べていわゆる「ワンオペ育児」という状況になりやすく、保育園やベビーシッターなどのサポートを活用しない限り、どちらかに(現状では主に女性に)負担がかかり続けます。

 共働きの夫婦は増えているにも関わらず、子育てに関わるのは親のどちらかひとり、加えて頼りになる両親や親族も近くにはいない。そうした状況の中、子どもの突発的な体調不良や「イヤイヤ」が起こってしまったら……。

 そういったことを考えると、一体、世の親御さんたちはどうやって日々を生き抜いているのか、あらためてその大変さに頭が下がります。

江東区有明で目撃した親子のこと


【家事・育児】やってるつもりの夫、妻との認識に大きなズレが!

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/06/210626_ariake_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210626_ariake_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210626_ariake_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210626_ariake_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210626_ariake_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210626_ariake_02-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画