「声援」「かけ合い」はNG! コロナ禍のライブは歌手・ファンの距離をどう変えた?

音楽ライブに欠かせない演出といえば、アーティストとオーディエンスとの「コール・アンド・レスポンス」です。しかし新型コロナ禍では有観客ライブや声援・掛け合いを自粛するよう要請されました。アーティストとファンたちにはどのような変化があったのでしょうか。音楽ライターの村上麗奈さんがリポートします。


生ライブならではの醍醐味とは

 ポピュラー音楽のライブには欠かせない存在の「コール・アンド・レスポンス」。アーティストとオーディエンスとの「掛け合い」のことを指します。新型コロナウイルスの流行以前は、どんなステージでも定番と言える演出でした。

 東京ドーム(文京区後楽)や日本武道館(千代田区北の丸公園)など、国内を代表する会場を何万人というファンが訪れ、生のパフォーマンスを見届ける。CD音源やテレビの音楽番組では味わえない生のパフォーマンスを支える重要な演出として、コール・アンド・レスポンスは取り入れられてきました。

ライブ会場として多くのアーティスト、ファンのあこがれの舞台となっている日本武道館(画像:写真AC)

 しかしコロナ禍である2021年現在、感染予防対策のため観客は声を出さずにライブを楽しむことが必須になっています。

 そして新たなライブの形式を模索すると同時に、新たなコール・アンド・レスポンスの形が模索されています。

 コール・アンド・レスポンスの起源は100年以上前に遡ります。発祥の地はアメリカ。奴隷(どれい)として苦役を課せられていた人々は、労働中に歌を歌うことがありました。この際にコール・アンド・レスポンスが行われていたのが始まりとされています。

 ここでいうコール・アンド・レスポンスは「交互唱」で、前の人が歌ったものを繰り返すことで、肉体労働のテンポを良くすることができたといいます。

 コール・アンド・レスポンスはその後、ゴスペルやジャズなど多くの音楽で使用されるようになります。

日本の労働歌にもある「掛け合い」


【調査】コロナでイベント中止、がっかり? しょうがない?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/10/211017_call_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211017_call_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211017_call_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211017_call_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211017_call_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211017_call_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211017_call_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211017_call_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211017_call_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画