今は地域の防犯見回り 82歳男性が「自衛官」として勤め上げた40年間の記憶

東京で暮らし、働く人々は、どんな思いを抱いて生きているのでしょうか。1400万人もの人がいるけれど、誰もがかけがえのない「ひとり」であり、それぞれの夢や希望、記憶を胸に秘めています。そんな「東京のひとり」たちを追う企画、今回はかつて海上自衛隊の1等海佐を務めた82歳男性の物語です。


東京に住む元1等海佐

 筆者が暮らす東京23区内の巨大マンションには、実にさまざまな人たちが住んでいます。

 スナックのママ、サラリーマン、宅配便運転手、中小企業の経営者、スーパー店員、校長先生、区議会議員、東日本大震災で家を流され命からがら逃げてきた家族、自称・メダルに縁のなかった元オリンピック選手、市民マラソンの人、フィリピンなど東南アジア系の人や、いつもニコニコのインド人、在日中国人、欧米系白人。

 さらにシルバー人材センターで働くお年寄り、騎手、祈祷師(きとうし)、シングルマザー、町会役員さん、元芸人、猫ハウスの女性……。多彩な顔ぶれは、大都会の縮図たるゆえんです。

 82歳になる一瀬幸一(いちのせ こういち)さんは、海上自衛隊の1等海佐だったそうです。

54歳当時の一瀬さん。海上自衛隊「20年誌」から(画像:下山光雄)

 1佐というと昔は大佐の階級で、一般の隊員からすると雲の上の人。一瀬さんは妻を早くに亡くし、娘と孫との3人暮らしで、最近はときどき自衛隊の集まりに顔を出したり、スーパーへ買い物に行ったり、穏やかな老後を楽しんでいます。

 地域の防犯見回りに熱心で、そのことに関しては誰からも一目置かれています。顔もちょっとコワモテですから、防犯には適任なのです。

少年時代に見た長崎原爆


【貴重画像】昭和30年の海上自衛隊「少年自衛官」たち

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/10/211016_force_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211016_force_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211016_force_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211016_force_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211016_force_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画