八王子・立川より地味でも魅力満載 新撰組のふるさと「日野市」を巡る【連載】多摩は今(7)

八王子市と立川市の陰に隠れて、いまいち地味な印象のある日野市。しかしそんな同市には魅力がたくさんあるのです。まち探訪家の鳴海侑さんが解説します。


地味だが多様でユニークなまち

 立川市と八王子市の2市は「多摩の中心」と呼ばれています。立川市は行政機関や大型商業施設が中心市街地近辺に多く、対して八王子市は古くから交通の要衝として知られ、人口が多いのが特徴。この2市はJR中央線で10分ほどで結ばれています。そして2市の間に位置する自治体が日野市です。

日野市(画像:(C)Google)

 日野市の人口は約18万7000人(2021年5月1日現在)。人口では立川市(約18万5000人〈2021年5月1日現在〉)とほぼ同じ。隣接する2市が注目されることが多いため、日野市は人口規模の割に注目される機会が少ないのが実情です。

 しかし市内の今を見ていくと、実に多様でユニークなまちであることがうかがえます。

「新撰組のふるさと」をアピール

 日野市は北端には多摩川、南端には多摩丘陵の尾根が通り、中央部に多摩川の大きな支流のひとつである浅川が流れています。昭和の大合併前は北が日野町、南が七生村と別の自治体で、そのほとんどが浅川を境としていました。

 そこで今回は浅川を境に北と南に分けて、今の様子を見ていきます。

 まずは浅川の北側を見ていくと、都心から伸びてくる鉄道路線としてJR中央線が通っています。JR中央線の日野市内には日野駅と豊田駅の2駅があります。

 新宿側にある日野駅は台地のへりにある駅で、駅の東は江戸時代に甲州街道の日野宿があったエリアです。日野宿は東京都内にある甲州街道の宿場では唯一、本陣(日野市日野本町)が現在も残っており、入場料を払って見学することも可能です。

日野市日野本町にある日野宿本陣(画像:(C)Google)

 日野宿の本陣近くには、江戸末期に古武道の一派である「天然理心流」の道場がありました。ここで剣術を学んでいたのが土方歳三や井上源三郎といった、のちに新撰組の中核メンバーとなる人物です。彼らが日野出身であったことから日野市は「新撰組のふるさと」としてシティープロモーションを行っています。

日野といえば日野自動車


【古地図】明治初期の日野市

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/06/210604_hino_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210604_hino_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210604_hino_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210604_hino_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210604_hino_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210604_hino_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210604_hino_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210604_hino_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210604_hino_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210604_hino_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210604_hino_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210604_hino_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210604_hino_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210604_hino_07-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画