第2の「新大久保」になる日も近い? 大塚駅周辺にアジア系飲食店が急増しているワケ

外国人労働者が多い東京のまちと言えば、新大久保などが真っ先に思い浮かびます。しかし現在、大塚駅周辺にも徐々に関連する飲食店が出店しているようです。アジア専門ライターの室橋裕和さんが解説します。


駅周辺に広がるディープなアジア世界

 大塚駅の「アジア化」が止まりません。

 南口を出てすぐ目の前の商店街に入ると、2月にオープンしたばかりのネパール料理店『バッティ』(豊島区南大塚3)がまず見えてきます。現地のローカル居酒屋をそのまま再現したスタイルで、ネパール人、日本人に人気となっている店です。

 さらに進んでいくと、行列ができることもあるインド料理店『やっぱりインディア』(同)が左手に。そしてその先に、今度はバングラデシュ料理店『スナリ』(同)が。

 ほんの短い通りに南アジアの文化が集結している、なかなかに濃いエリアとなっています。

南口にはバングラデシュのレストランと食材店など、南アジアの店が点在(画像:室橋裕和)

『スナリ』にはハラル食材店も併設されていますが、こちらは日本人にもなじみの野菜や果物もたくさん並び、近隣に住んでいる様子の日本人も足を止めています。店員のバングラデシュの女性が愛想よく応対している姿もあります。

 近辺にはほかにもハラル、ベトナムなどの小さなエスニック食材店が点在しており、迷い歩くだけでもなかなか楽しい商店街です。

多国籍でカオスな雰囲気

 北口もなかなか面白いことになっています。『星野リゾートOMO5』(北大塚2)ができるなど再開発が進んでいるかいわいではありますが、その足元では昔からの歓楽街が広がっています。

 もちろんコロナ禍によって活気はあまりないのですが、それでもこの近辺にアジア系の店が少しずつ増えているのです。ベトナムやフィリピンのレストラン、中国の麻辣湯(マーラータン)やしゃぶしゃぶ……昔からあるタイ料理や韓国料理も混じり、なかなかにカオスです。

北口から徒歩5分ほどの『MMマート』はアジア全域さまざまな食材がそろう(画像:室橋裕和)

 この歓楽街を西に進み、空蝉(うつせみ)橋通りを渡ると、今度はエスニック総合スーパーマーケット『MMマート』(北大塚3)が現れます。扱っている商品はインドやトルコ、ミャンマー、ベトナム、タイ、さらには中南米と、実に多国籍。

「モスク」「ターミナル駅から近い」「商店街」がポイント


【事前にチェック】記事に出てくる店の場所

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/05/210528_okubo_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210528_okubo_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210528_okubo_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210528_okubo_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210528_okubo_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210528_okubo_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210528_okubo_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210528_okubo_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210528_okubo_15-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210528_okubo_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210528_okubo_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210528_okubo_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210528_okubo_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210528_okubo_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210528_okubo_06-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画