2度のブームも今や風前の灯火 ボウリングはコロナ後に復活できるか?

日本ではかつて2度のボウリングブームが起こり、ゴールデンタイムに関連番組が放送されていました。その波乱の歴史について、フリーライターの小西マリアさんが解説します。


日本初のボウリング場は1952年完成

 ボウリングはかつて、娯楽の定番でした。繁華街にはいくつものボウリング場があり、年代を問わず大勢の人がその腕を競い合っていました。

 ボウリングはこれまで2度ブームになっています。最初のブームは1960年代後半です。その背景にはアメリカ文化への憧れがありました。

ボウリング場のオブジェ(画像:写真AC)

 日本初のボウリング場は、1952(昭和27)年完成の東京ボウリング場です。現在、複合施設「テピア」(港区北青山)のある場所で、神宮球場と秩父宮ラグビー場の近くでした。

 東京ボウリング場は、単なるボウリング場ではありませんでした。場内にはレストランやビリヤード、ピンボールマシンなどが設置されており、いわば最先端のおしゃれな娯楽施設だったのです。

 ボウリング場の片隅にゲームコーナーがあったり、ジュークボックスが設置されたりしていたのは、この流れを汲むスタイルといえます。なお東京ボウリング場は、後に吉祥寺へ移転。現在は「近代ボウリング発祥の地」の碑を残すのみとなっています。

大人の社交場から庶民の娯楽の場へ

 東京ボウリング場は庶民の娯楽の場というより、おしゃれな大人の社交場でした。

 来場客の多くは米軍関係者や外国人で、そこに芸能人や業界人がたくさん集まっていました。ボウリングを楽しんだ後は、六本木のピザハウス「ニコラス」やイタリアンレストラン「キャンティ」に食事に行くというのが定番のスタイルだったといいます。

港区麻布台にある「キャンティ」(画像:(C)Google)

 そんなボウリングが庶民の娯楽となったのは、1969年に第1回の女子プロボウラー試験が実施されてからです。

 ボウリングへの関心はこの頃すでに高まっていましたが、1970年に中山律子さんが女子プロ初の公認パーフェクトゲームを達成したことで、人気は急上昇。1960年に全国で3か所しかなかったボウリング場は、1972年に3697か所と激増したのです(『週刊現代』2014年7月12日号)。

ゴールデンタイムにボウリング番組放送


【画像】「近代ボウリング発祥の地」の碑

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/05/210519_bowling_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210519_bowling_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210519_bowling_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210519_bowling_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210519_bowling_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210519_bowling_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210519_bowling_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210519_bowling_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画