増える海外用WiFiレンタルの通信量、羽田や成田は直前予約も可能 高まる利便性

2019年3月18日

ライフ
ULM編集部

テレコムスクエアがレンタルWiFiブランド「Wi-Ho!®(ワイホー)」における、羽田・成田空港での海外用WiFiレンタルの申し込み締め切りを、受け取り30分前までに延長しました。急な出張や申し込み忘れの際にも安心で、利便性が高まります。同社によると、海外渡航者のWiFiレンタルを使ってのデータ通信量は、この1年で大幅に増えているとのことです。


急な海外渡航でも安心、空港受け取りで直前予約ができる

 テレコムスクエアは、同社のレンタルWiFiブランド「Wi-Ho!®(ワイホー)」における、海外用WiFiレンタルの申込み締め切り時間を、受け取り30分前までに延長しました。2019年3月5日より開始され、受け取り対象店舗は羽田空港、成田空港、関西空港としています。

Wi-Ho!®の羽田空港のカウンター(画像:テレコムスクエア)

 同社では、ビジネス渡航者向けブランド「Telecom WiFi」にて、WEBでの申し込みに限って受け取りの30分前まで申し込み可能としていました。このサービスが好評であったため、個人渡航者向けブランド「Wi-Ho!®」でも同様のサービスを提供するに至ったといいます。

 これまでWi-Ho!®の羽田と成田(空港)受け取りでの申し込み締め切り時間は前日の正午でした。新サービスでは申し込みから最短30分後に前述の対象店舗で受け取りが可能です。空港へ向かう途中や早めの空港到着後でも、スマートフォンなどから簡単、便利に申し込むことができます。急な海外渡航や、申し込みを忘れていた場合でも、直前予約ができるので安心です。

 ただし、事前予約(前日の正午までの予約)は無料ですが、直前予約は540円(税込)/件のサービス料金がかかります。申し込み方法はWEBのみです。

 受け取り対象空港と場所は以下です。

・成田空港第1ターミナル4F 出発ロビー北ウィングテレコムスクエアカウンター(営業時間7:00〜21:00)
・成田空港第1ターミナル4F 出発ロビー南モバイルセンター成田南サテライト(7:00〜18:00)
・成田空港第2ターミナルB1F モバイルセンター成田第2(7:00〜21:00)
・成田空港第3ターミナル本館2F モバイルセンター成田第3(6:00〜21:00
・羽田空港国際線ターミナル3F 出発ロビーモバイルセンター羽田空港(6:30〜23:00)
・関西国際空港第1ターミナル1F 到着ロビーモバイルセンター関西空港中央(7:00〜21:00)

 羽田と成田に海外用wifiレンタルのカウンターがある主な事業者の個人向け商品では、グローバルWiFiが時間を問わず直前予約を可能としています。サービス料金は、+200円/日です。したがって、3日以上使用する場合はWi-Ho!®の方がサービス料金は安くなります。両社ともに直前予約については、在庫次第で予約ができない場合もあるとしています。

 イモトのWiFiは、羽田と成田での受け取り予約(申し込み)はWEBのみで前日16時までです。当日の場合は、空港の受付カウンターに直接赴き、その際に在庫があれば貸出可能としています。

 JALエービーシーの海外用WiFiレンタルサービスは成田での受け取り予約が前日の18時まで、羽田で2日前の18時(土日祝は17時)まで。イモトのWiFi同様に、当日の場合は空港受付カウンターで在庫がある場合のみ貸し出し可能です。

通信量制限どれを選ぶ?利用者の1日平均が増加傾向


この記事の画像をまとめて見る(2枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/03/190307_wifi_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/03/190307_wifi_01-150x150.jpg

New Article

新着記事