中国の現地感満載な「ビーフン」が錦糸町で食べられる! 揚げゆで卵トッピングで気分はもう海外旅行気分だった【連載】ガチ中華をたずねて三千里(2)

さまざまな食を楽しめる大都会東京――。そんななかで近年注目を浴びているのが、現地さながらの庶民的価格な「中国料理」です(中華料理ではありません)。当連載ではそれを「町中華」ならぬ「ガチ中華」と呼び、都内の新店・珍店・奇店を巡ります。


辛くて有名な湖南料理

 東京の街には、中国のさまざま地域の「ガチ中華」が増加しています。なかでも、今注目されつつあるのが湖南料理です。

 日本ではまだメジャーとはいいにくいですが、湖南料理は中国八大料理のひとつとして挙げられ、主に湖南省で食べられるものをいいます。その特徴は辛さにあります。

 中国の辛い料理といえば、唐辛子を使った真っ赤な四川料理が有名です。湖南料理も同じく唐辛子を使っており、その辛さは四川料理を越えるといわれています。

 しかし、辛さの性質は大きく異なります。四川料理が麻辣(マーラー)といわれる花椒(ホァジャオ)由来のしびれる辛さなのに対して、湖南料理は酸辣(スーラー)、すなわち酸っぱい辛さが特徴です。

 しかし辛さだけを追求しても、料理の真の魅力にはたどり着けません。なぜなら辛さに引きずられて、肝心の味を味わえないからです。筆者もあちこちの「ガチ中華」で、

「現地と同じ味付けにしてほしい」

と伝えますが、ときどき「やめたほうがいい」と止められるのもこのためです。

今回の店は錦糸町

 ならばほどよく現地感を味わいつつ、最後までおいしく食べることができる店はないものかと思っていたところ、たどり着いたのが今回やってきた「李湘潭 湘菜館」(墨田区錦糸)。錦糸町駅から約徒歩3分の店です。

墨田区錦糸にある「李湘潭 湘菜館」(画像:オンステージ高志)

 現地に到着してまず気付いたのは、入りやすそうな店構えです。池袋や高田馬場で密集している「ガチ中華」は、ビルの2階以上に入居しているところが多く、どうしても

「ちょっと話題になっている料理を試してみようか」

と興味を持ち始めた初心者にはハードルの高いです。対してこの店は、少し本格的な匂いのする街場の店といった雰囲気です。

 昨今の感染対策で、店内には消毒用アルコールだけでなく、カメラタイプの体温計も設置され、清潔感があります。訪問した際にも家族連れで料理を楽しんでいるグループがいて、「ガチ中華」では極めて入りやすい店といえます。

メニューが運ばれてきた瞬間……


【画像】中国の現地感満載な「ビーフン」

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/09/210920_gachi_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210920_gachi_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210920_gachi_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210920_gachi_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210920_gachi_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210920_gachi_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画