たっぷりのマヨネーズでかっ食らうのがオススメ 新御徒町「幸楽」の生姜焼き定食【連載】東京レッツラGOGO! マグロ飯(7)

都内散歩と食べ歩きにくわしいフリーライターの下関マグロさんが、都内一押しの「マグロ飯」を紹介します。


店の外になぜか置かれている冷蔵庫や黒電話

 散歩の途中で素敵な「町中華」を見つけても、すぐに入店できない筆者です。なかなかもったいなくて、しばらくは店舗のファサード(建物の正面部分)を鑑賞していたいからです。

「幸楽」(台東区小島)もそんなお店です。最寄り駅は大江戸線・新御徒町駅。駅から歩いて5分の場所にお店があります。

 のれんが風になびいています。歩道にはテーブルがあり、そこで食事をしているお客さんもいます。お客さんがひっきりなしにきているようですね。

 不思議なのは店の外に冷蔵庫があって、店から出てきたご主人はそこから食材を出して料理しています。また、昔ながらのダイヤル式の黒電話やご飯ジャーも表に出してあります。あれらは店を閉めた後はどうなるんだろうか、あれこれ考えるのがまた楽しいのです。

幸楽の生姜焼き定食(800円)。肉によく味がしみていて、ご飯が進む(画像:下関マグロ)

 あるとき、店の前を通りかかったとき、ちょっと立ち止まって店を見ていたら、表の黒電話のベルが鳴りました。ああ、これって現役の電話なんですね。店主が出てきて受話器をあげ、電話に出ています。

 店の外に置かれているものがどうなっているかを知りたくて、お店が開く前の早朝に行ってみました。すると、ご飯ジャーや黒電話などは店内にしまわれていましたが、冷蔵庫はそのまま。近づいてみればドアには鎖がかけられ、南京錠がかかっていました。

ナシゴレンと豆腐丼も人気


【地図】新御徒町駅から5分 「幸楽」の場所を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/12/191218_koraku_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191218_koraku_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191218_koraku_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191218_koraku_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画