こってり系ばかり食べてる場合じゃない! あっさり塩味&しゃきしゃき食感が秀逸な都内「タンメン店」5選

ドロドロ系やこってり系、淡麗系ラーメンに押されながらも、根強い人気を誇るタンメン。そんなタンメンの都内人気店を五つ紹介します。


タンメンに再流行の兆し?

 タンメンは中華そばの一種で、しょうゆ味のラーメンなどに対し、塩味のものを指します。一般的に肉類やたっぷりの野菜を上にのせ、その発祥は戦後間もない1955(昭和30)年頃の横浜とされています。

 以降、老若男女問わず愛されてきたタンメンですが、近年は新たなジャンルのラーメンが次々と登場していることもあり、その存在感が薄れてきています。

 近年流行したラーメンのジャンルはドロドロ系やこってり系が多めで、タンメンのきれいであっさりめなラーメンという位置づけも、淡麗系にその地位を奪われてしまった格好です。

 しかし、コロナ禍以前の訪日観光客の増加や、日本食への注目度の高まりが契機となり、野菜をたっぷりと使ったラーメンは世界で注目を集めています。

 普段はこってり系ばかり食べている皆さんも、ぜひ今一度タンメンを食べに行ってはいかがでしょうか。今回は東京都内でおすすめのお店を五つご紹介します。

1.タンメンしゃきしゃき(錦糸町・新橋・九段下)

 都内に3店舗を構える「タンメンしゃきしゃき」(本店:墨田区錦糸)。中休みはなく、通常であれば23時半まで営業しているので、使い勝手の良いお店。麺類メニューはタンメン1種類のみの専門店です。

麺が見えないほどに野菜がのっているタンメン(画像:樫山綾乃)

 店名の通り、野菜はしゃきしゃきとした食感。麺が見えないほどたくさんの野菜がのっているので、まずは絶妙な火加減が自慢の野菜を堪能しましょう。麺は太めのちぢれ麺を使用しており、手もみ感があります。モチモチとした食感で、食べ応え抜群です。

 タンメンに付けたいサイドメニューと言えばギョーザですが、しゃきしゃきのギョーザは餡(あん)がたっぷりと入っていてボリューム満点。

 タンメンとギョーザふたつのレディースセットも用意しており、一口だけギョーザを食べたいというときにぴったり。男性も注文可能です。ぜひタンメンと合わせて堪能してみてください。

2.トナリ(東陽町・東京・西葛西)


【画像】都内「タンメン店」5選

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/09/210918_tan_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210918_tan_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210918_tan_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210918_tan_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210918_tan_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210918_tan_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210918_tan_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210918_tan_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210918_tan_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210918_tan_15-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210918_tan_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210918_tan_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210918_tan_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210918_tan_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210918_tan_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画